体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「運用観点が大事!」運用以外の人も知っておいてほしいアレコレ『運用☆ちゃん』Incident 004

「運用観点」がないと起きる悲劇アレコレ



あわわわわ……。確かに、これよく見かける! 


でしょ! ちょこっと運用のコト気にして、作る前にインフラエンジニアに声かけておけばこんな悲劇は防げるのよ。


いきなりシミジミ来た…(そして、ちょっと鳥肌たった)。


ほかにも、こんなのもよくあるわね…。

機器類の裏がワンダーランド


突貫工事で立てたサーバやネットワーク機器。LANケーブルの配線がぐちゃぐちゃで、モダンアート状態!


あるわね~。入社したとき、先輩から「あのラックの背面だけは決して覗いてはイケナイ」って釘刺された一角があるわ。誰も怖くて触れないみたい…。


まるで、ロシアンルーレット!
一方、物理セグメントごと、サービスごとにケーブルの色変えるとか、ラベルつけるとか、ちょっとした心遣いがあるとすごく嬉しいよね。


寒いサーバルームでも、心はあたたかくなる!

ありのままのデータベース


「ありのまま」って、自然体みたいでなんだかイイ感じ♪


そうそう、草原とお花畑な感じがしてね……。
って違う!
生まれたままの姿で、ロクに設計されていない状態ってこと。パフォーマンスチューニングもされていなければ、データも正規化されていない。


ああ! 検索にやたら時間がかかったり、リソース消費したりとか…。

1 2 3 4次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。