体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アルジノイナイニチジョウ

アルジノイナイニチジョウ

SNS時代が生み出した「セルフィー(自撮り)」というカルチャー。

撮影する角度を変えてみたり、代わる代わる服装やメイクで、フォロワーを楽しませてくれるけれど、そのほとんどが盛れる見せ方。あとはいかに自分らしさや工夫を効かせることができるか。

例えばこの鏡越しのセルフィー。写真はどれも“主役”が存在しない。けれど、そのことが逆に個性的な室内空間を強調して見せてくれている。アルジノイナイニチジョウアルジノイナイニチジョウアルジノイナイニチジョウアルジノイナイニチジョウアルジノイナイニチジョウアルジノイナイニチジョウアルジノイナイニチジョウアルジノイナイニチジョウアルジノイナイニチジョウアルジノイナイニチジョウ

写真家のLeonardo Magrelliのインスタアカウントに一部公開されている、「Meerror(ミラー)」という名のプロジェクト

お気づきかもしれないが、鏡の実際のスペルが”Mirror(ミラー)”であることに対して、彼が意図してミススペルする”Meerror(ミラー)”は、Me-Error(私-エラー)というふたつの言葉から成り立っている。

曰く、これは“私”が“エラー”で映し出されていないことを表すワードプレイなんだそう。

部屋に置かれる鏡は、大概自分の目では確認できない、自らの顔や全体像を映し出す役割を担っている…はず。ところが彼の作品では、一般的に知られるこの役目は一旦放棄。通常鏡の前に映る人像を“妨げ”とし、人が隠してしまっている「スティルライフ」をあえて主体としているのではなだろうか。Licensed material used with permission by Leonardo Magrelli, @leonardomagrelli

関連記事リンク(外部サイト)

幸せになる部屋の使い方「8つのヒント」 リビング・キッチン・ダイニング
開くと間接照明、閉じるとリビングライトになる「inMOOV」
どれかひとつでも取り入れるだけで、暮らしはもっと豊かになるんだと思う。

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。