体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

1年5ヵ月ぶりの〈CULPOOL〉、第4回は視点を変えてくれる新しさ“NEO”をテーマに開催

1年5ヵ月ぶりの〈CULPOOL〉、第4回は視点を変えてくれる新しさ“NEO”をテーマに開催

2月23日(金)にLIQUIDROOMで〈「CULPOOL -wave 04-」NEO〉が開催されることが決定した。

2015年夏に恵比寿リキッドルームを拠点にスタートした“トレンドカルチャーと音楽の中で自由に遊ぶ、特別なパーティ”〈CULPOOL(カルプール)〉が、1年5ヵ月ぶりに開催決定! never young beachやYogee New Waves、D.A.N.といった〈CULPOOL〉でフックアップしたアーティストたちが次世代のシーンの担い手となり始める中、今また東京では次なるユニークなプレイヤーが続々と登場しており、この新たなうねりこそがこれから先の日本に素敵な刺激を与えていくはず!

〈CULPOOL〉は“いつだってカルチャーは今が一番面白い”ということを体現し、次なるカルチャーのうねりを直感するようなイベントでありたいと考えているという。今回は積み上がった価値観を肯定するでも否定するでもなく、視点を変えてくれる新しさ“NEO”をテーマに開催。

出演は“NEO – ニュー・エキサイト・オンナバンド”としてネクストブレイクの筆頭、かわいいの概念を変えつつあるCHAI。ストイックな演奏とナンセンスな歌で独自のポジションを獲得、フロントマン・吉田靖直の強烈なキャラクターがTVメディアでも話題のトリプルファイヤー。オリエンタルな音色とアンニュイな歌声に中毒者増殖中で、ファッションモデルとしての顔も持つZOMBIE-CHANGがnever young beachのバンドメンバーを携えたバンド・セットで登場。そして音楽、カルチャー・シーンを長きにわたって支え、エポックメイキングな作品やプロジェクトを仕掛ける“まりん”ことYoshinori SunaharaがDJを務める。豪華で“NEO”な共演をお見逃しなく!

また、イベント全体はファッションやフードなど、カルチャーと音楽のミックスも楽しめる内容となっており、詳しくは後日発表となる。

チケットは各プレイガイドで1月21日(日)より発売。今回も枚数限定でドリンク付きペアチケットをご用意。オフィシャルサイトやFacebook、Instagramをチェックしてみよう!(雄)

〈「CULPOOL -wave 04-」NEO〉
2月23日(金) 東京 LIQUIDROOM & LIQUID LOFT(2F)
開場/開演 23:00
LIVE:CHAI、トリプルファイヤー、ZOMBIE-CHANG
DJ:Yoshinori Sunahara

前売券:1月21日(日)10:00発売
¥3,200(当日¥3,700) ※ペアチケット6,500円(2ドリンク付き)
チケットぴあ[Pコード 106-631]
ローソンチケット[Lコード 71395]
イープラス 一般
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002249617P0030001
イープラス ペアチケット
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010843P006001P002249623P0030001

※20歳未満の方のご入場はお断り致します。年齢確認のため、顔写真付きの公的身分証明書をご持参ください。(You must be 20 and over with photo ID.)
※ペアチケット1枚で2名さまご入場可能となります。ペアチケットでのご入場は同時入場のみとなります。時間をおいて別々でのご入場は不可です。

主催:CULPOOL & LIQUIDROOM

・〈CULPOOL〉オフィシャルサイト
http://culpool.tumblr.com

1年5ヵ月ぶりの〈CULPOOL〉、第4回は視点を変えてくれる新しさ“NEO”をテーマに開催

CHAI

1年5ヵ月ぶりの〈CULPOOL〉、第4回は視点を変えてくれる新しさ“NEO”をテーマに開催

トリプルファイヤー

1年5ヵ月ぶりの〈CULPOOL〉、第4回は視点を変えてくれる新しさ“NEO”をテーマに開催

ZOMBIE-CHANG

1年5ヵ月ぶりの〈CULPOOL〉、第4回は視点を変えてくれる新しさ“NEO”をテーマに開催

Yoshinori Sunahara

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy