体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

東洋占星術をもとにした毎週の占い。1/22-1/28の運勢をチェック!

kyamera

毎日をより楽しくハッピーなものにするために、キラが東洋占星術をもとにアドバイスします。

fortune reading KIRA(http://twitter.com/kineko8

photo Kyozan Ueda

あなたの星の出し方

 
まず、生まれた年の西暦の各数字を、1から10のいずれかになるまで足してください。
次に、11からその数字を引いて出た数があなたの星のナンバーです。

例1976年生まれの場合

1+9+7+6=23

2+3=5

11-5=6

1976年生まれの人のナンバーは6になります。

ただし、1月1日から2月の節分までに生まれた人は前の年の星になります。例えば1976年1月18日生まれの人は1975年生まれとして計算してください。

 1/15-1/21の運勢

1・水の星の人
1月の全体運
2018年は水の星の人にとって、自己の能力を発揮できる、最強の年となるでしょう。
1月の全体運
頂上運の月です。運気は活発で、物事が表面化しやすくなっています。また、人から注目を集めやすくなっています。過去がひょっこり顔を出すようなこともありそうです。
幸運を招く方角 動かぬが吉
ご利益フード  いくらの醤油漬け

今週の運勢(1/22~1/28)
感情が高ぶりやすいタイミングです。細かいところが気になってしまったり、気持ちが大きくなることもありそうです。あまり、ひとつひとつのことに対して、突き詰めたり、考え込み過ぎないようにすることが大切です。悩み事はひとりで抱え込まず、周りにいる信頼の置ける人に相談してみるのが良さそうです。
22日は控え目な態度が吉と出そう。人から注目を集めやすくなっているのですが、むしろ、目立つような行動は避けた方が良さそうです。24日は切り口を変えたり、発想を転換してみることで、問題の解決に繋がったり、糸口が掴めそうです。26日は物事を冷静に判断することが大事。見えていなかったことが見えてきそうな予感です。

2・大地の星の人
2018年は大地の星の人にとって、楽しい事、喜び事が多い年となるでしょう。
1月の全体運
自分自身と真摯に向き合いたい月です。ここで人知れず努力を重ねたり、徳を積むことが必要になります。あなたの「人間力」や「底力」のようなものが問われるタイミングのようです。
幸運を招く方角 西 北東
ご利益フード  数の子

今週の運勢(1/22~1/28)
世の中の常識やルールを大切にしたいタイミングです。どのようにしたら良いか、迷っていることがあるのならば、そういった世間の基準に照らし合わせてみるのが良さそう。自分なりの解釈や、やり方は、今は脇に置いておくようにしましょう。先人の知恵や慣習は、やはり時と場合によっては、有効であるから伝わってきたのだと思います。
22日は考えが深くなる日。自分自身とじっくり向き合ってみることも必要になりそうです。23日は文書を扱う際には細心の注意を払うのが良さそう。慣れてしまっていることにこそ、念には念をいれるようにしましょう。25日はラッキーデー。相手の話をよく聞くように心がけてみて。誤解が解けたり、お互いの理解が深まりそうです。

3・雷の星の人
2018年は雷の星の人にとって、変化の多い年となるでしょう。
1月の全体運
準備運の月です。今ここでいかに地道に努力することができるかどうかが、これから先の運気を左右することになりそうです。
幸運を招く方角 動かぬが吉
ご利益フード  栗きんとん

今週の運勢(1/22~1/28)
ベーシックなことを何より大切にしたいタイミングです。慣れてしまっていることや、日常のルーティンは、ついつい手を抜いてしまいがちですが、そういったことにこそ、最後まで気を引き締めて取り組んでいくのが良さそう。いま一度、基本的なことだったり、原点のようなものを振り返ってみたり、辿ってみるのも良いかもしれません。
25日は気持ちの面で変化が起こりそう。引っ越しをしようと思ったり、突然遠くに行きたくなることもありそうです。現在の自分自身の状況と照らし合わせた上で行動するようにしましょう。26日は事実と向き合うことが必要になりそう。色眼鏡のようなものは外すことが大切になりそうです。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy