体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

空き巣を防げる?! 在宅しているようにみせられるスマートスピーカー「Kevin」

留守宅に忍び込み、金目のものを奪う−。空き巣は、最もよくある犯罪の一つだ。

そうした犯罪対策としてセキュリティカメラがあるが、これは未然に防ぐというより、どちらかというと犯人探しに活躍する。

そこでスイスのスタートアップMitipiが開発したのが、音と光で在宅を装えるスマートスピーカー「Kevin」だ。

・LEDライトで在宅を演出

Kevinはファブリックに覆われた、一見普通のスピーカー。しかし、背面にはいくつものLEDライトを備えている。

このライトはそれぞれ異なる方角を照らすことができ、これにより部屋のあちこちのライトをつけたり消したりしているように見せかけたり、光の影を演出したりすることができる。

空き巣対策として、部屋の照明をつけたままにするケースがあるが、同じ箇所の照明が付けっ放しというのは、見せかけであることが丸わかりになってしまうことを念頭に置いている。

・アプリでタイミング設定

また、Kevinはテレビやシャワーといった生活音を流すことができる。

Kevin専用のアプリでは、どのタイミングでどんな音や光を出すかカスタマイズすることも可能だ。決まったパターンで電気がつく、というマンネリで空き巣犯に気づかれないよう、数週間の留守を守るだけの“コンテンツ”が用意されているとのこと。

Kevinは間もなくKickstarter登場を予定していて、出資額は200〜250ドル(約2万2000〜2万8000円)となる見込み。気になる人はMitipiのサイトでニュースレター登録をしておくと良さそうだ。

Kevin

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会