体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

お部屋の雰囲気を格上げ♡アンティークの建築物みたいなスツールがスタイリッシュ

お部屋の雰囲気を格上げ♡アンティークの建築物みたいなスツールがスタイリッシュ

スタイリッシュなインテリアは、部屋の雰囲気を格上げしてくれますよね♡

予想外の素材で作られたユニークなスツールをご紹介します!

シリコンラバーを使って作り出すスツール

異なる建築様式の装飾がそのままスツールに大変身した「Elements of Time(エレメント・オブ・タイム)」。

 

Nynke Kosterさん(@nynkekoster)がシェアした投稿 – 1月 13, 2018 at 7:11午前 PST

一見、石造りの建築物のように見えるのに、

 

Nynke Kosterさん(@nynkekoster)がシェアした投稿 – 5月 20, 2017 at 7:39午前 PDT

触り心地が柔らかいゴム素材だったら…

 

Nynke Kosterさん(@nynkekoster)がシェアした投稿 – 5月 20, 2017 at 11:58午前 PDT

予想もつかないテクスチャーに、思わず驚いてしまいますよね☆

 

Nynke Kosterさん(@nynkekoster)がシェアした投稿 – 11月 21, 2015 at 10:04午前 PST

このユニークなスツールを制作しているのは、オランダ出身のアーティストであるニンケ・コスターさん。

 

Nynke Kosterさん(@nynkekoster)がシェアした投稿 – 9月 29, 2016 at 12:55午前 PDT

様々な建築物のディテールをシリコンラバーで写し取り、家具や彫刻として生まれ変わらせているのです!

 

Nynke Kosterさん(@nynkekoster)がシェアした投稿 – 7月 26, 2017 at 2:53午前 PDT

バロック様式の天井や新古典主義の家などの建築物から作り出されたスツールは、とってもエレガントでスタイリッシュ♡

「自由に座って楽しめる椅子」として日本で展示中

実は2月25日まで、ニンケさんの作品を東京都庭園美術館で見ることができちゃいます!

 

Nynke Kosterさん(@nynkekoster)がシェアした投稿 – 1月 11, 2018 at 1:23午前 PST

同美術館で開催中の展覧会『装飾は流転する 「今」と向きあう7つの方法』にて、「自由に座って楽しめる椅子」として、彼女の作品が展示されているのだそう。

 

東京都庭園美術館 / Teien Art Museumさん(@teienartmuseum)がシェアした投稿 – 12月 27, 2017 at 12:17午前 PST

ニンケさんのユニークなスツールが気になった方は、ぜひチェックして♪

Nynke Koster

http://www.nynkekoster.com/

東京都庭園美術館

http://www.teien-art-museum.ne.jp/

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。