体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

海外旅行好きにおすすめのクラフトジン5選

海外旅行好きにおすすめのクラフトジン5選

テキーラ、ラム、ウオッカと並び、四大スピリッツと称されるジン。ジンはオランダで薬用酒として生まれ、だんだんと一般的にも飲まれるようになっていきました。

まずクラフトジンと呼ばれるジンは、大手メーカー製の大量生産系の定番ジンとは異なり、規模の小さな作り手が手がけています。また少量生産ゆえに、質重視でオリジナリティ溢れるジンが多いのが特徴です。

カクテルのベースとなるお酒は色々ありますが、ジンはその中でも特に使用頻度の高いお酒として知られており、非常に人気が高いです。

今回は、海外旅行好きにおすすめのクラフトジンをご紹介いたします。

 

【ベルギー・クラフトジン】グランドコントロール Apple Flavor

海外旅行好きにおすすめのクラフトジン5選

【ベルギー・クラフトジン】グランドコントロール Apple Flavor 500ml
posted with カエレバ

ユーラシアトレーディング

Amazon
楽天市場

ベルギー・ぺピンゲンにある蒸留酒製造所で、熟練職人のみの手によって造られたクラフトジンです。

伝統的なアーノルド・ホルスタインの動静蒸留器を使用しており、昔ながらの基礎に忠実に、天然製品を使用して作った商品は、香りが豊かで非常に飲みやすいです。

 

宮下酒造 クラフトジン 岡山

海外旅行好きにおすすめのクラフトジン5選

宮下酒造 クラフトジン 岡山 50度 500ml
posted with カエレバ

宮下酒造

Amazon
楽天市場

自社製の米焼酎をベースに、ジュニパーベリー、コリアンダーなど十数種類のボタニカルを配合して蒸留した、岡山のクラフトジンです。

焼酎を貯蔵した樫樽でフィニッシュしており、海外産のものとは異なる非常にユニークな商品です。さわやかな香りと深い味わいは、一度試す価値あり!

 

サントリー ジャパニーズクラフトジン ROKU

海外旅行好きにおすすめのクラフトジン5選

サントリー ジャパニーズクラフトジン ROKU 700ml
posted with カエレバ

サントリー 2017-07-04

Amazon
楽天市場

サントリーのジャパニーズクラフトジン「ROKU(六)」は、日本人の繊細な職人技による、完璧なバランスを追求して作った国産プレミアムジンです。

シナモン、ビターオレンジピール、ジュニパーベリーなどで味わいを形成、香り付けしますが、ROKUには更に、桜、桜葉、煎茶、玉露、山椒、柚子を再蒸留しブレンドしており、その個性的な味が魅力です。

 

プレミアムクラフト和GIN

海外旅行好きにおすすめのクラフトジン5選

プレミアムクラフト和GIN 45度 700ml
posted with カエレバ

明利酒類

Amazon
楽天市場

和ジンは、日本酒を蒸留し、10年間以上貯蔵したスピリッツをベースにした日本独自のクラフトジンです。

スパイシーで森林のようなウッディーな香りの上質なジュニパーベリーをはじめ、レモンピール、オレンジピールの柑橘系や、シナモンなど高品質なボタニカルを7種類使用しています。その実力は、ジンの本場・イギリスで試飲会を開いた際にも高く評価されたほどで、おすすめの1本です。

 

モンキー 47 ドライジン

海外旅行好きにおすすめのクラフトジン5選

モンキー 47 ドライジン 500ml ドイツ
posted with カエレバ

ペルノリカール

Amazon
楽天市場

モンキー 47は、2011年の発売以来またたく間に世界中のバーテンダーと飲んべえたちを魅了した、ドイツ産のプレミアム・ドライ・ジンです。

ボタニカルが醸し出す、芳醇な香りと味わいがたまりません!

 

今年大流行になること必至!クラフトジンのおいしさ

いかがでしたか?お酒好きの間で、徐々にブームとなってきているきているクラフトジン。「手作りの少量生産」「個性豊かなボタニカルの使用」を基本としたクラフトジンは、大手メーカーには出せないユニークな味わいが魅力。

国内外のメーカーが様々なクラフトジンを販売していますので、いろいろ試してお好みの商品を見つけてくださいね♪

関連記事リンク(外部サイト)

海外旅行好きにおすすめのブルックラディ5選
海外旅行好きにおすすめのサングリア・白ワイン5選
世界最大のビールの祭典!ドイツの「オクトーバーフェスト」をご紹介
旅行好きにおすすめの日本の地ビール10選

TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。