体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

路上駐車の「すぐ移動します」は監視員にはカモ

路上駐車の「すぐ移動します」は監視員にはカモ

駐車監視員制度は2006年にスタートしました。とはいえ、同じ路上駐車でも駐車禁止チケットが貼られたり貼られなかったり…。交通の支障となる路上駐車よりも、違反標章を貼りやすいものが優先されがちです。ただし、路上駐車のクルマの「すぐ移動します」の貼り紙は監視員のカモとなります。

路上駐車に放置違反金を払わせる

路上駐車の取り締まりは、それまでは錠付きの駐車禁止ステッカーを取り付けて出頭させる形式でした。それが2006年から車両の持ち主に「放置違反金」という新しいペナルティを払わせる形に変更されたのです。

あわせて、路上駐車を現認する部分を「駐車監視員」に民間委託。駐車監視員が路上駐車に違反標章を貼ることになりました。その後、ナンバーから判明した車両の持ち主に警察から放置違反金の納付書が届く仕組みです。

しかし、駐車監視員も人の子。違反標章を貼りやすい車両ばかりを選ぶ傾向があるといいます。はたして、駐車監視員が違反標章を貼りにくいと感じるクルマには、どんなものがあるのでしょうか。

車監視員が取り締まるのは、運転者が離れて直ちに運転することができない状態の路上駐車。これを「放置車両」といいます。運転できる者が車内またはすぐそばにいなければならないのです。

駐車監視員がカモにする路上駐車

しかし、駐車監視員は車内にいる者の免許証まで確認しません。小学生などは完全にアウトですが、後でトラブルになることを嫌い、とにかく人間が乗っていればセーフとする駐車監視員もいるといいます。

「駐車監視員が来たぞ!」と見張り役から報告を受けてすぐクルマに戻る…これはセーフになります。禁止場所に路上駐車すること自体が違反ですが、駐車監視員は「放置車両」でなければ取り締まれません。

警察庁のデータによれば、違反標章を貼り付けた数より、貼り付ける前に運転者が戻ってきてセーフとなった数の方が2倍以上も多いのです。

「すぐ移動します。電話下さい」と貼り紙をして路上駐車する人もいます。しかし、駐車監視員は「電話なんてしませんよ(笑)。その貼り紙は、しばらく戻らないことを宣言してるようなもんです。私らにとっちゃカモです」。駐車監視員に人情とか思いやりとか、そんなものは通用しないのでした。

とはいえ、路上駐車は渋滞や事故の原因となります。くれぐれも駐車監視員に違反標章が貼られることがないよう、交通ルールをしっかり守りましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
オービスの速度違反は車線をまたぐと測定不能?
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!

ラジオライフ.comの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy