体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

$499の「Walkera Peri」は3軸ジンバル4K撮影対応の小型GPSドローン

国内でも多くのユーザーを抱える中国のドローンメーカー Walkera(ワルケラ)から 3 軸ジンバル付きで 4K 撮影にも対応しながらも $499 と競合製品よりも安い新型ドローン「Walkera Peri」が発表されました。Walkera Peri は見た目ほぼ DJI Spark のような手の平サイズの小型 GPS ドローンで、3 軸のジンバルや GPS / GLONASS の GNSS レシーバーを備えるほか、本体の前面や下部にビジョンセンサーや高度を維持する赤外線センサーを装備しており、前方の障害物を検知したり、地面に対する自分の位置を把握して安定したホバリングを達成しています。Walkera Peri の重量は 320g と DJI Spark(300g)並みで、バッテリー 1 本のフライト時間は公称 15 分となっています。送信機は 1km 先からでも 720o で FPV ビデオを送信します。機能面では、アクティブトラッキング(追尾飛行)、クイックショット(ドロニー、ヘリックス、ロケット)、ジェスチャーコントロール(写真や動画)、パノラマ撮影、インターバル撮影などが可能です。空撮だけでなく自撮りにも活用できるドローンですね。Walkera Peri は、単体モデル($449)と送信機セットモデル($499)の 2 モデルが用意されており、2 ヶ月後に発売されます。カラーはレッド、オレンジ、ブルー、シルバーから選べます。どうやら DJI Spark を強く意識した製品のようです。Source : Walkera

■関連記事
4K@60fps撮影に対応したポータブルGPSドローン「Autel EVO」が登場
Essential Phone PH-1にAndroid Oreo Beta 3が配信開始
DJI Mavic Pro対抗の「GDU O2 Plus」が2018年Q2に発売へ

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会