体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

通園バッグ、上履き入れ、お弁当袋など、幼稚園の「入園グッズ」。手作り?買った方がいい?

f:id:akasuguope01:20170915194638j:plain私は3児の母をしています。一番上の長女は現在4歳8ヶ月で幼稚園の年中さんです。

長女の通う幼稚園は、住んでいる市内でも二つしかない市立の2年保育の幼稚園です。

最初は3年保育の私立幼稚園に入れるつもりだったのですが、希望していた幼稚園の倍率が2倍近くあり、リサーチ不足で未就園児の時にその幼稚園のプレスクールに通わせていないとほぼ受からないというのを知らなくてアッサリ落ちてしまったという…(涙)。

ですが、正直、「今の幼稚園で良かった!」と心の底から思えるくらいとても良い幼稚園に出会えたのでそこはもう気にしていません。

長女の幼稚園入園準備の頃、私は末っ子の次男を妊娠中でした。

2月末に出産したのですが、幼稚園の説明会は9~10月でだいぶお腹が大きくなってきた時期。しかも低置胎盤で安静指示が出ていたので、結構、気を遣いながらの準備になりました。

入園希望者の願書を出して、11月初旬に面接。無事通えることになって入園申し込みの書類を出しに行ったのは、忘れもしない11月11日。

11月なのに大雪が降った日です!

提出の期日は指定されていたので「何もこんな日に降らなくても…」と涙がちょちょぎれそうになりながら、そろりそろり歩いて行ったのを覚えています。

それから入園までの間に準備しなければいけないものを作る事になりました。

通園バッグ、着替え袋、上履き入れ、お弁当袋、テーブルクロス、エプロン、三角巾、エプロン入れ、コップ入れ、ポケットティッシュカバーetc…。

ミシンを持っていなかったので、まずはミシンを購入。

そして糸や布類、バイアステープ、Dカン、紐などを揃えて、作り方がわからないものはネットで検索。型紙が売ってるものは購入して活用しました。

作るのが苦手な方は買って揃えても良いということだったのですが、私も小さい時、母にいろいろと手作りしてもらってうれしかったのを覚えているので、「娘にも作ってあげたい!」と思い、自分で作ることにしました。

実際に、作るための材料を揃えてみて感じたのが、布って結構、値段が高いということ。しかもキャラクターものはより高い!

でもやっぱり可愛いのがいいとお高めのキャラクターものの布も購入。その分私がおやつをガマン!

作り始めたら結構楽しくて、家事育児の合間にちょこちょこ作ってました。 関連記事:3歳児クラスから幼稚園に入園することに。費用はどのくらいかかるの?

入園に向けて買うものもそれなりにあり、上履き、お弁当箱、水筒、箸、靴下や下着類を買い足し名前を付けて、スニーカーも運動に向いているものを選ぶ。

そして一番心配していたのは、おむつ卒業!

長女はトイレが怖くてなかなかトイレトレーニングが進んでいませんでした。入園の申し込みの時期にやっとおむつが外れた!と思ったら、今度はトイレをガマンしたことで膀胱炎になってしまい、またおむつに逆戻り。こっちも気が焦るし、年末年始は本当に大変でした。

トイレを怖がるので、トイレの中にぬいぐるみを置いたり絵本を置ける棚を取り付けたり、可愛いレースのカーテンを付けたり色々工夫してみたところ、やっと普通に行ってくれるようになり、なんとか間に合いました。

2月になり、入園説明会がありました。

その際に体操着や園服、帽子、遊び着などを受け取り、名前付けをする必要がありました。

ちなみに名前付けはアイロン接着タイプだと何度も洗濯しているうちに剥がれてきたりするので、縫い付けるのが一番だと思いました。 関連記事:家庭科の成績「2」だけど作ってよかった!こだわりの保育園グッズは娘もお気に入り

ちまちまちょこちょこと作り続けていた通園袋などが全部仕上がり、せっかくミシンがあるんだからと長女の洋服を作ったりしている時に陣痛が来て、3月上旬出産予定日だった次男が2週早く誕生し、無事長女の入園式も参加することが出来ました。

あとは「自分で作るのはちょっと…」という方も、最近はハンドメイドの物が手芸用品コーナーで売られていたりもしますし、あまり心配しなくても大丈夫だと思いました。

私も大変ではありましたが、入園準備の手作りを楽しむこともできました。

f:id:akasuguope01:20170915132131j:plain

著者:かおりんご

年齢:37歳

子どもの年齢:4歳7ヶ月、2歳2ヶ月、5ヶ月

独身時代は子供が苦手だったのに、いざ生んでみたらかわいくて仕方なく子供好きにクラスチェンジした生まれも育ちも埼玉県のアラフォー3児の母です。実母の手を借りつつ明るく楽しく、時にはイライラカリカリしながら子供たちと共に日々成長中です!最近は自分が若い頃着ていた服を娘用にリメイクするのにはまっています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

乳児期の服やグッズは楽しく手作り!ストレス解消にもなりました
よだれの多い赤ちゃんのために厚めのスタイが欲しい。手作りに挑戦してみた!
もらってもあげても嬉しい!実用的かつインテリアにもなるおむつケーキ

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。