体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「渡航禁止」のソマリアに、どうしても行きたくて。(女ひとり旅)

「渡航禁止」のソマリアに、どうしても行きたくて。(女ひとり旅)

ドバイ就職したSeiwaさん、23歳でソマリランドに乗り込んでいたんです。それもひとりで。

ソマリランドってなに?という人もいると思うので、軽く紹介しますね。以下、高野秀行さんの本『謎の独立国家ソマリランド』からの引用です。

ソマリア国内は無数の武装勢力に埋め尽くされ、戦国時代の様相を呈しているらしい。一部では荒廃した近未来を舞台にした漫画になぞらえ、「リアル北斗の拳」とも呼ばれる。そんな崩壊国家の一角に、そこだけ十数年も平和を維持している独立国があるという。

それがソマリランドだ。

ひとりで乗り込んだSeiwaさん、その度胸もすごいけれど、どうやらものすごくソマリランドを気に入ったようで、「私にとってディズニーランドです」とのこと。…謎だ…謎すぎる……!

外務省の渡航ページで真っ赤に塗りつぶされた国、その中の『ランド』はどんな世界なのか?

彼女が実際に撮影してきた写真と一緒に、見所を紹介してくれています。

 「渡航禁止」のソマリアに、どうしても行きたくて。(女ひとり旅) ───誤作動なのかなんなのか、緊急用マスクが飛行中に降ってきた。しっかりしてくれ操縦士!と思いながらも、ソマリランドのハルゲイサに到着。「渡航禁止」のソマリアに、どうしても行きたくて。(女ひとり旅)

ハルゲイサ以外の都市へ行こうと思ったら旅行者1人につき兵士を2人雇わなければならない。しかも兵士は銃を持っている。

やつらは旅行中も飯を食ったり、たばこを吸ったり本当にやる気があるのか?といった形だけの護衛だ。

ソマリランドには、まだ国として正式に認められていないためか公式な観光名所と言える場所はなく、住所や名前のついた道というものがほとんどない。なので適当にこんなところいってみたいと、タクシーのうんちゃんにリクエストしてみるべし。もしくは、ホテルの人におすすめを聞いてみるのもあり。

ソマリランドに興味があるという人へ、個人的に訪れた観光名所っぽい場所をご紹介しよう。

家畜マーケット

「渡航禁止」のソマリアに、どうしても行きたくて。(女ひとり旅)

その名の通り家畜がいるマーケットだ。

ただ家畜と言ってもなじみがあるような、牛や羊だけでない。まず驚いたのは大量のラクダだ。雲一つない澄み切った空を覆ってしまうぐらい大量にいるラクダの数に衝撃を受ける。まさにこれぞソマリランドというような雰囲気。

単なる家畜の売り買いだけでなく、両替所やカルチャーレストランと現地の人が呼ぶテント式レストランもある。ただレストランといっても、土の上で食べ物のまわりをハエがぶんぶん飛んでいる場所だったので、(しかもテント内なのに暑い)さすがの私も今回ばかりは尻込みしてしまった。食事そのものはおいしそうだった。

カルチャーレストラン?みたいな場所。「渡航禁止」のソマリアに、どうしても行きたくて。(女ひとり旅) まぁ、普通に美味しそうなスープ。「渡航禁止」のソマリアに、どうしても行きたくて。(女ひとり旅) リアルドナドナの風景が繰り広げられている。「渡航禁止」のソマリアに、どうしても行きたくて。(女ひとり旅)

ソマリランド到着後1番に来たので、いきなり羊やラクダに囲まれるという異世界を体験し、ああ本当にソマリランドに来たんだなと思った。

1 2 3次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。