体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

4K対応のiPhone用カメラ「Insta360 Nano S」は360度のビデオコールもできる!

iPhone用360度カメラ「Insta360 Nano」の上位モデル「Insta360 Nano S」がリリースされた。

Sでは4Kで動画撮影できるようになったうえ、Insta360のアプリをダウンロードしていない相手とも360度ビデオコールができるなどの新機能が加わっている。

日本での価格は3万1299円(税込)。

・マルチ映像を分割で

Insta360 NanoはiPhoneを逆さにもってライトニングコネクタにさして使う。単体でも使えるが、iPhoneとつなげることで撮ったものをすぐに編集でき、SNSに投稿したりストリーミングしたりすることが可能となる。

そうした利便性はそのままに、今回Sにはさまざまな新機能が加わった。まず、マルチビュー機能。360度の動画から3つのアングルのものを抜き出して分割画面で一挙に表示できるというものだ。

・非360度映像の作成も

また、アプリでリンクを作って送ると、チャットの相手に360度映像を楽しんでもらうことも可能となった。この際、相手は特にアプリをダウンロードしたりする必要はない。

そのほかにも、360度の動画から2Dの動画を作成する「フリーキャプチャ」機能も加わった。

Insta360 Nanoは、日本では正規代理店のハコスコですでに販売されている。

Insta360

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。