体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

愛猫家は要チェック! 餌と水を自動であげられるマシーン「Catspad」

留守番をしている愛犬のために、餌を遠隔からあげられるマシーンはすでに商品化されている。

今回紹介するのは、猫に餌と水をあげられるディスペンサーマシーン「Catspad」。餌やりのタイミングや量などを管理できるというもので、チップ内蔵の首輪で猫が2匹以上いてもそれぞれの食べた量を把握できる。

・アプリでスケジュール設定

Wi-Fiに接続するCatspadは、餌用のプレートと水が流れるファウンテンを備えている。飼い主は専用アプリ(iOS、Android)で、餌や水をあげるタイミングを設定でき、時間になると餌がストックから皿に出され、水も流れる。

もちろん、スケジュールを組まなくでも、アプリからオンデマンドで餌やりをすることも可能だ。

・専用のチップ内蔵首輪

餌やりを自動化できるだけでなく、食べた量や飲んだ量を把握できるのもCatspadの売り。履歴は保存され、たとえば1週間の消費量なども追跡可能だ。

また、Catspadはチップを内蔵する首輪も用意されていて、複数の猫を飼っていても、どの猫がどれくらい食べたのかを識別できる。アプリで、それぞれの猫の写真や年齢、体重などを登録してプロフィールを作成しておくといいだろう。

Catspadは現在、サイトでプレオーダーを受け付けていて、ディスペンサー本体に首輪2つ、フィルター3枚入りパックがセットになって389ユーロ(約5万3000円)〜となっている。

Catspad

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会