体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

メイクを盛り上げるジバンシイの“変幻自在”な春コスメ

1801191

パルファム ジバンシイのスプリング コレクション 2018「クチュール・アウトライン」が、2018年1月5日(金)より数量限定で発売され話題を呼んでいる。

クリエイターたちが夢を描き、創造の羽根を広げ、制約のない自由な創造が生み出されてきた歴史あるメゾンブランド、ジバンシィのアトリエ。そんなメゾンの精神を受け継ぐのが、2018年春コスメ「クチュール・アウトライン」だ。
ベースメイクはもちろん、ルージュやアイシャドウといったカラーメイクまで、変幻自在なフォルム、カラー、テクスチャーが展開され、自分メイクをとことん楽しむことができる。

1801192

新たに仲間入りする「ルージュ・ジバンシイ・マット」は見逃せない。というのも、ひと塗りで、高いカバー力と確かな発色が叶い、肌までも美しく見せてくれるルージュだからだ。カラーは、ヌーディ・ベージュやライト・ローズなど濃厚かつ鮮やかな6色が揃う。力強い色とは裏腹に、着け心地は軽快で、長時間つけたての美しさを維持できるのがありがたい。
ケースはジバンシイの名品リップ「ルージュ・ジバンシイ」と同じ、黒の本革ラムスキン。ハンドル部分にはスタッズのアクセントがキラリ輝きを放つ。

1801193

洋服のデザインや立体感を設定する時に使う“チャコ”から着想を得たアイシャドウ「クチュール・アトリエ・パレット」も異彩を放つ。それぞれイメージしたのは、チャコペンが描く縦線のブルー、横線のレッド、キャンバスの白、ドレスを飾るトルソーのブラウンの4色。目尻にのせるなどポイント使いにもってこいなのがレッドやブルー。白はハイライターに、ブラウンはアイブロウアイテムとしても使える。チャコの形を想わせる四角いデザインのアプリケーターは、ポイントメイクを仕上げるのに角を使い、広い面ではハイライターをのせる時に重宝する。

1801194

「マット&ブラー・タッチ」は、下地の後に使い、ソフトフォーカス効果で気になる凹凸をカバーする、スティックタイプのクイックベース。スティック形状で使いやすく、顔全体はもちろん、細部も簡単に塗ることがデキる。

1801195

ジバンシイの人気ファンデ「タン・クチュール」シリーズのクッション・ファンデーションから、「タン・クチュール・クッション・グロウ」が限定で登場。水のようなウォーターオイル処方のテクスチャーは、リキッドでもなくクリームでもなく、新感覚のなめらかさを体感することができる。保湿力が高く、スキンケア効果もあるので、色ムラや凹凸をカバーすると同時に透明感のある美肌へと導いてくれる。

パルファム ジバンシイ
■ルージュ・ジバンシイ・マット(リップスティック) 全6色 3.4g 各4,600円+税
■クチュール・アトリエ・パレット(アイシャドウ) 11.5g 8,500円+税 [限定]
■マット&ブラー・タッチ(メイクアップベース) 5.5g 5,400円+税 [限定]
■タン・クチュール・クッション・グロウ(ファンデーション・コンシーラー) 1.6mL 4,900円+税 [限定]
■コール・クチュール・ウォータープルーフ No.07(アイライナー) 0.3g 3,200円+税 [限定新色]
2018年1月5日(金)数量限定発売

公式サイト
https://www.parfumsgivenchy.jp

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会