体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダイナミックに削り出し作品の数々…木工作家・盛永省治氏の個展、開催中

SHOJI_MORINAGA_CURATORS_CUBE_2018_1st_01

定番の作品からレアなスツールまで展示

2018年1月12日(金)から28日(日)まで、東京・新橋のLandscape Products(ランドスケーププロダクツ)が運営するギャラリー「CURATOR’S CUBE(キュレーターズキューブ)」にて、「SHOJI MORINAGA CURATOR’S CUBE 2018 1st」が開催されています。

鹿児島県日置市に工房・Crateを構える木工作家・盛永省治氏の個展。大工や家具職人として、またカリフォルニアで彫刻家・Alma Allen(アルマ・アレン)の下、ウッドターニングを学んだ経験も持つ盛永氏。大きな生木から、それぞれの個性を生かした作品を生み出しています。

普段は鹿児島産材を使用して制作していますが、本展示では新たな取り組みとしてほかの産地の良質な木材も使用。定番アイテムのボウルやプレートに加え、並ぶことが稀なスツールなども会場にお目見えします。

ダイナミックに削り出された作品の数々をお楽しみください。

SHOJI MORINAGA CURATOR’S CUBE 2018 1st

会期:2018年1月12日(金)~28日(日) 12:00~19:00

会場:CURATOR’S CUBE/東京都港区西新橋2-38-3 土井ビル 3F

詳細:http://curatorscube.com/

Writing:Akiko Okawa

Edit:塩見直輔

関連記事リンク(外部サイト)

生活骨董と無垢の家具、平山用品店で「新しいものと古いもの」展開催
代々木ヴィレッジで1日限りの北欧市「GOOD SATURDAY MARKET~北欧マーケット~」開催
陶芸作家46組が出展「ふゆの陶器市」今年も開催

TABROOM NEWSの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。