体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

指先ノハク、ミニアルバム『TAMAMONO』の詳細を解禁

2018年で10年目を迎える女性4人組ロックバンド・指先ノハクが、下北沢SHELTERのレーベル“SHELTER UNITED”のレーベルメイトである“密会と耳鳴り”と共に3月14日にリリースするミニアルバム『TAMAMONO』の詳細を公開した。
ミニアルバム『TAMAMONO』 (okmusic UP's)

今作はプロデューサーには中尾憲太郎を迎え、より重厚かつエモーショナルな仕上がりとなっている。ドラマチックに唄いあげたリードトラックの「尼将軍の恋」、1月に全国配布されて話題を呼んだオムニバスサンプラー『下北沢シェルターガールズコレクション2018』に収録された「アフターライト」、パンチ力抜群のナンバー「VS鬼」など全6曲を収録。また、刷新されたアー写とジャケットデザインも発表されており、アートワークは、前作『フルレンジ』を手掛けた、アートディレクター・内山尚志(Thdh.)とフォトグラファー鳥居洋介のタッグが担当している。
ミニアルバム『TAMAMONO』
2018年3月14日発売

SHLU-2/¥1,852+税

<収録曲>

■CD

01.VS鬼

02.コウモリ

03.尼将軍の恋

04.HANAMOYOI

05.ちょっと待ちな

06.アフターライト
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。