体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

DJI Mavic Pro対抗の「GDU O2 Plus」が2018年Q2に発売へ

中国のドローンメーカー GDU が CES 2018 で最新モデル「GDU O2」のスペック強化版となる「GDU O2 Plus」の発売を発表しました。GDU O2 は折りたたみ可能な小型 GPS / GLONASS ドローンで、3 軸のメカニカルジンバルを装備した 4K カメラを搭載しており空撮に最適で、アームを折りたたんでコンパクトに持ち運べることから、DJI Mavic Pro の対抗馬と見られています。DJI の Mavic Pro や Spark と同様に、GDU O2 にも機体前部と下部にビジョンポジショニングセンサーや超音波センサーが搭載されているので、室内や森の中といった GPS / GLONASS の電波を受信しづらい環境でも安定したホバリングが可能です。GDU O2 の大きな特徴は携帯性に優れている点です。付属の送信機はまさにスマートフォン用ゲームパッドのデザインを採用しており、そこには操作用のスマートフォンだけでなく、アームを閉じた機体も収納することが可能です。おそらく同一グレードのドローンの中では最も携帯性の良いドローンだと思われます。GDU O2 の価格は RTF パッケージで $732 です。ドローン全体から見ると GDU O2 は非常に高価なドローンだと言えますが、Mavic Pro が 13 万前後なので、競合製品と比較するとかなり安いと言えます。DJI Spark との比較では、バッテリー 1 本のフライト時間が公称 20 分とされているので、少しだけ長い時間飛行させることができる他、カメラスペックも高いので Spark よりかは上位のグレードだと言えます。GDU O2 は GPS / GLONASS による安定フライト、ワンキーリターン / 離陸 / 着陸、クイックショット(ドロニー、ロケット、サークル)トラッキング、旋回飛行、ジェスチャー撮影など様々な機能を有していますが、機能面ではおそらく Mavic Pro の方が優れていると思われます。しかし、GDU O2 のカメラ機能はこのクラスでは他を凌駕するほど多機能で、基本的な写真・動画撮影だけでなく、タイムラプス撮影やカメラズーム(デジタル 5 倍)、水平 / 垂直 / 5 倍ズームのバーストショット、スローモーション撮影など Mavic Pro ですらサポートしていない機能も一部あります。価格的には DJI Spark(セット品)とほぼ同等でも、性能面では Spark と Mavic Pro の中間的な位置付けとなる製品になります。CES 2018 で発表された「GDU O2 Plus」は 2018 年 Q2 に発売される見込みで、GDU O2 よりも飛行時間と電波の伝送距離が若干延びているそうです。価格は公開されていません。Source : GDU

■関連記事
スマホ・タブレットの屋外使用には日除けカバーが便利
4Kドローン「Mi Drone」がGear Bestのフラッシュセールでお買い得に
米軍機を模した「Eachine Mirage E500」は垂直離着陸可能な飛行機型ドローン

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。