体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『西遊記』40周年記念、ゴダイゴ特別公演が実現 1/20一般販売スタート

『西遊記』40周年記念、ゴダイゴ特別公演が実現 1/20一般販売スタート

 1976年デビュー以来40余年、日本のポップス音楽シーンの最先端を走り続けてきたゴダイゴ。今春、ストリングス&クワイヤー(合唱)との競演による総勢100名におよぶスペシャルコンサートが実現する。東京公演のチケット一般発売は、いよいよ明日1月20日より開始。

コンサート 関連画像(全3枚)

 4月22日の東京公演は、現在も世界中で放送されるTVドラマ『西遊記』の40周年記念。社会現象にもなったヒット・ソング(「モンキー・マジック」「ガンダーラ」他)がダイナミックな新しいゴダイゴ・サウンドのなかで披露される。舞台は、クラシック音楽の殿堂として名高い東京文化会館大ホール。同ホールで上演された2016年のデビュー40周年公演を上回る、圧倒的なスケールによるパフォーマンスが繰り広げられる。東京公演に先がけて行われる1月大阪公演はすでに完売。音楽ファンの期待が高まる中、新しい舞台に挑戦するミッキー吉野とタケカワユキヒデがコメントを発信した。

「ゴダイゴならではの、クワイヤー・ストリングス総勢100名によるパフォーマンスが2年ぶりの再演。ぜひお楽しみに!」(ミッキー吉野)

「今年もゴダイゴ ・ビルボードクラシックスで、重厚なサウンドと繊細な音楽性を皆さんにお届けできることができて、嬉しく思います。今後も、ゴダイゴを愛してくれる皆さんに、この素晴らしいチャレンジが続けられるように、頑張りたいと思います」(タケカワユキヒデ)

 注目のプログラムは、永遠のヒットナンバー「銀河鉄道999」「ビューティフル・ネーム」「Holy and Bright」はもちろん、「THE GREAT SEA FLOWS」「MIKUNI」「PIANO BLUE」「LEIDI LAIDI」「威風堂々」他、オーケストラ共演初バージョン作品も多数。さらに、1981年神戸ポートアイランド博覧会テーマ曲「ポートピア」も演奏。ゴダイゴとストリングス&クワイヤーによるゴージャスな競演が日本の音楽シーンに輝く名作たちを彩る。まさに究極の“ゴダイゴ・プレミアムサウンド”が記念の大舞台に誕生する。

◎公演情報
【「西遊記」40周年記念 GODIEGO with premium strings&choir -THE GREAT JOURNEY 2018-】
2018年4月22日(日)
東京文化会館 大ホール(JR上野駅公園口徒歩1分)
開演15:00

出演:ゴダイゴ
ストリングス(弦楽):billboard classics premium strings
クワイヤー(合唱):THE SOULMATICS、TSM GOSPEL ENSEMBLE

演奏曲:「モンキー・マジック」「ガンダーラ」「銀河鉄道999」「ビューティフル・ネーム」「ポートピア」「THE GREAT SEA FLOWS」「MIKUNI」「PIANO BLUE」「LEIDI LAIDI」「威風堂々」他(予定)

チケット:7,800円(全席指定・税込)
※特製プログラム付
※未就学児入場不可

主催・企画制作:ビルボードジャパン
後援:米国ビルボード、TOKYO FM

一般チケット販売開始:1月20日(土)AM10:00~より各プレイガイドで発売開始
チケットぴあ 0570-02-9999(P コード:102-178)http://t.pia.jp/
ローソンチケット 0570-084-003(L コード:72151)http://l-tike.com/
イープラス http://eplus.jp
楽天チケット http://r-t.jp
キョードー東京 0570-550-799 http://kyodotokyo.com

お問合せ:キョードー東京 0570-550-799(平日11:00~18:00/土日祝10:00~18:00)

公式URL:http://billboard-cc.com/classics/godiego-2018-tokyo/

関連記事リンク(外部サイト)

奇跡の40周年記念公演から2年、さらに進化したゴダイゴ with ストリングス&クワイヤー公演が誕生
ゴダイゴ、40周年メモリアルプロジェクト発表会に松本零士、Cupitron、ねば~る君が集結 今後の活躍がますます楽しみなイベントに
総勢80余名、ゴダイゴ40周年を記念する祝祭の舞台が誕生!

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy