体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

YOSHIKI、映画『WE ARE X』ワールドツアー映像でマリリン・マンソンとのレコーディングが明らかに!

2017年にヨーロッパを中心に行われた『WE ARE X』プレミア・ワールドツアーの動画がYOSHIKIのオフィシャルYouTubeに公開された。この映像では冒頭で“自分がこのように世界を駆けめぐる事で、 HIDEの偉大さをみんなに伝えることができる”とYOSHIKIが語っているのが興味深い。
YOSHIKI、マリリン・マンソン (okmusic UP's)

映像には世界各国(ドイツ、フランス、フィンランド、スウェーデン、イタリア、中国、ロシア、日本、メキシコ、アメリカ、オーストリア、オランダ)での舞台挨拶の様子や、日に数十本単位で受ける現地メディアのインタビュー風景、感動のあまり泣き出すファンが続出する映像などがおさめられている。いかにX JAPANが世界中にファンを持つ、唯一無二のロックバンドであるかということが、 各国の熱狂的ぶりから見て取れる。

また、世界のスター達が映画『WE ARE X』についてコメントを寄せており、マリリン・マンソンからは「YOSHIKIは誰も味わったことのないような経験をたくさんしてきた。それが今の彼を形成しているのだと思う。彼は俺の親友だ。そして、今、楽曲を一緒に製作している」とYOSHIKIと現在レコーディングしている事が明らかにされた。

そして、バックストリート・ボーイズのA.J.からは「映画の最後には涙が止まらなかった。僕もYOSHIKIのような人間になりたい。彼が経験してきた数々の困難…2人のメンバーの死と、そして幼少期に経験した父親の死。それに対する彼のリアリズムやどこまでも謙虚な姿勢に引き込まれた」と、さらにKISSのジーン・シモンズは「彼にはカリスマ性があり、文句なしに最高。世界一になるべきだ」と絶賛している。

2016年1月のサンダンス映画祭への出品を皮切りに、月末のモスクワ公開を含め、これまで実に世界29もの国と地域で上映されている映画『WE ARE X』。YOSHIKIが東洋と西洋に立ちはだかってきた壁をどこまで壊せるのか、また彼の率いるX JAPANがこれからどのような道のりを歩み、どんな“前代未聞”に挑んでいくのか。今、世界中の熱い視線が注がれている。

なお、X JAPANは4月12日と21日(現地時間)に行われる米国最大規模のロック・フェスティバル『コーチェラ2018』への出演が決定しており、 歴史に残るステージに期待が高まる。
Blu-ray&DVD『WE ARE X』
2017年12月13日発売

【Blu-ray コレクターズ・エディション】(3枚組)

価格:¥18,000+税

【Blu-ray コレクターズ・エディション】

価格:¥12,000+税

【スペシャル・エディション】

■Blu-ray

価格:¥10,000+税

■DVD

価格:¥9,000+税

【スタンダード・エディション】

■Blu-ray

価格:¥4,800+税

■DVD

価格:¥3,800+税
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。