体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダイアナ・ロス、約22年ぶりにダンス・クラブ・ソング・チャートでNo. 1獲得

ダイアナ・ロス、約22年ぶりにダンス・クラブ・ソング・チャートでNo. 1獲得

 ソウル・レジェンドのダイアナ・ロスが、2018年1月20日付の米ビルボード・ダンス・クラブ・ソング・チャートで首位を獲得した。「エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ 2017」が前週の2位から1位に上昇し、彼女にとって22年以上ぶり5度目のダンス・チャートNo. 1となった。

ダイアナ・ロス 音源

 ストーンブリッジ、エリック・カッパー(Eric Kupper)、カントリー・クラブ・マティーニ・クルーなどがリミックスを手がけた本作は、彼女の『ダイアモンド・ダイアナ~ザ・レガシー・コレクション』に収録されている。

 ダイアナ・ロスがダンス・クラブ・ソング・チャート1位を獲得するのは、1995年12月の「テイク・ミー・ハイアー」以来となる。他のNo. 1ソングは、「ザ・ボス」(1979)、「アップサイド・ダウン / アイム・カミング・アウト」(1980)、そして「スウェプト・アウェイ」(1984)だ。

 1976年に始まった同チャートよりも前にリリースされた「エイント・ノー・マウンテン・ハイ・イナフ」のオリジナル・ヴァージョンは、1970年に米ビルボード・ソング・チャート”Hot 100”で1位を獲得し、彼女のソロ初No. 1となった。ダイアナ・ロスはソロ・アーティストとして6回、ザ・スプリームスのメンバーとして1964年から69年の間に12回ソング・チャートで1位を記録しており、これはアメリカのグループとして最多だ。

◎Diana Ross – Ain’t No Mountain High Enough (Eric Kupper Remix)
https://youtu.be/88RtSQ_jNYA

関連記事リンク(外部サイト)

ボビー・コールドウェル、来日ツアーがスタート!“ミスター・AOR”の健在ぶりをアピール
ファットボーイ・スリム、「ライト・ヒア、ライト・ナウ」のリミックスをリリース
唯一無二のサウンドに東京が酔いしれた!クリーン・バンディットによるジャパン・ツアーが開催

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会