体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MISIA 20周年のデビュー日に数量限定“超レア”豪華BOXリリース

MISIA 20周年のデビュー日に数量限定“超レア”豪華BOXリリース

 1998年2月21日「つつみ込むように・・・」でデビューを果たしたMISIAが、20年という大きな節目となるデビュー日 2018年2月21日に、超レアアイテムとなる豪華BOXの発売を発表した。

MISIA 関連画像(全5枚)

 小さな体から発する5オクターブの音域を誇る圧倒的な歌唱力を持ち、「Queen of Soul」と呼ばれる日本を代表する女性歌手となったMISIAは、1998年のデビュー曲「つつみ込むように…」で日本の音楽シーンに強い影響を与え、ジャパニーズR&Bの先駆者と言われるように。その後発表された1stアルバム「Mother Father Brother Sister」は新人ながら、300万枚の異例のセールスを記録。女性ソロ・シンガーでは初となる全国5大ドームツアーの開催を果たしたことも大きな話題となった。

 その後も「Everything」「逢いたくていま」などの大ヒット曲を次々と発表し、2015年には戦後70年特別企画としてNHK「第66回NHK紅白歌合戦」に故郷・長崎からの中継にて「オルフェンズの涙」を歌唱したことも記憶に新しい。2017年には、映画『SING/シング』にて初の声優にも挑戦。音楽面では自身の楽曲を“SOUL JAZZ”にアレンジし、世界を代表するミュージシャンたちと新たな領域にもチャレンジ。改めて世界にその実力を魅せつけるとともに、常に進化し続ける唯一無二のアーティストであることを証明し続けている。

 そんなMISIAの20周年がスタートとなる2月21日に発売される『MISIA TIME CAPSULE1998』は、まさにMISIAの20年を振り返ることのできるタイムカプセル。ジャケットビジュアルにはデビュー同時の秘蔵写真を使用、豪華BOXにはなんとシリアルナンバーが刻印されている。1998年~2017年までのヒット曲を、日本を代表するDJ EMMAとMUROがノンストップミックスを手掛け、2枚のアナログにそれぞれ収録。(同内容のCDも同梱)また、ファーストライブを開催した際のインビテーションカードや1998年当時のロゴステッカーを再現したレアグッズも封入されている。

 さらに、1998年当時にMISIAが直筆で書いたという当時の日記も封入。“初めて泣いた日”と題した日記には、シンガーとしてのMISIAの強い意志や努力の歴史が感じられる内容だ。その他にも、1998年の秘蔵写真を使用したオリジナルトートバックや当時のジャケット写真をコラージュしたグッズなど、記憶を蘇らせる貴重な内容となっている。

 なお、商品は完全生産限定盤として数量限定での販売。予約はSony Music Shop特設サイトにて受け付けている。

◎リリース情報
MISIA 20th Anniversary Special Vinyl Box
『MISIA TIMECAPSULE 1998』
<BVJ 7-4~7> 20000円(tax out.)
・DJ EMMAとMUROスペシャルリミックスアナログ2枚
・アナログ2枚が全収録されたCD
・MISIA直筆ダイアリーfrom1998
・ファーストライブ招待状レプリカ
・メモリアルロゴステッカー2種
・1998ビジュアルブックマーク
・オリジナルトートバック
・シリアルナンバー入り豪華BOX
https://www.sonymusicshop.jp/m/sear/groupLis.php?site=S&cd=M002054

◎ライブ情報
【20th Anniversary THE SUPER TOUR OF MISIA Girls just wanna have fun】
4月7日(土)大阪城ホール
4月8日(日)大阪城ホール
4月27日(金)横浜アリーナ
4月28日(土)横浜アリーナ
http://misiasp.com/20th/20th_tstom/

関連記事リンク(外部サイト)

MISIAが錬金術師に! 映画『鋼の錬金術師』とのコラボビジュアル公開
MISIA 映画『鋼の錬金術師』主題歌を書き下ろし! 兄弟の絆の物語から曲を錬成
MISIA×福田こうへいが初対談『星空のラジオ』でセッション披露も

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。