体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ボビー・コールドウェル、来日ツアーがスタート!“ミスター・AOR”の健在ぶりをアピール

ボビー・コールドウェル、来日ツアーがスタート!“ミスター・AOR”の健在ぶりをアピール

 2018年1月18日、六本木・ビルボードライブ東京にて、ボビー・コールドウェルの来日ツアー初日公演が行われた。

ボビー・コールドウェル ライブ写真(全3枚)

 近年はたびたび来日公演を行い、日本のファンを喜ばせているボビー・コールドウェル。“ミスター・AOR”とも称されるその歌声は現在でも健在だ。今回の来日でもマーク・マクミレン(キーボード/BGV)をはじめ精鋭のバンドが演奏を支えた。

 ライブは1978年の1stアルバム『Bobby Caldwel』でもオープニングを飾る「Special to Me」からスタート。ボビーのソウルフルな歌声と力強いメロディーがクラブ空間に降り注ぐ。昨年の来日時には、足の怪我の影響で杖を使ってステージに立った彼だが、その後は順調に回復している様子。好調ぶりをMCでもアピールしつつ、元気な姿で持ち前の名曲の数々をメロウに歌い上げた。2015年にリリースした最新アルバム『クール・アンクル』からも「Mercy」等を披露した他、「Stay With Me」「Heart Of Mine」など、テレビCM曲として日本のリスナーに馴染みの深い曲も次々と披露した。

 リアルタイム世代はもちろん、ヒップホップ世代なども魅了してきたボビーの歌は、聴いているだけでラグジュアリーな気分になれるような魔法を備えている。アンコールでは、デビュー曲にして永遠の名曲「風のシルエット(What You Won’t Do For Love)」を披露し、AORの醍醐味に溢れたステージを見事に締めくくった。公演は20日と21日にビルボードライブ東京で行われる他、23日には西梅田・ビルボードライブ大阪でも開催される。

◎公演情報
【ボビー・コールドウェル】
六本木・ビルボードライブ東京
2018年1月18日(木)※終了

<今後の公演>
六本木・ビルボードライブ東京
2018年1月20日(土)~21日(日)
1st Stage Open 15:30 Start 16:30
2nd Stage Open 18:30 Start 19:30

西梅田・ビルボードライブ大阪
2018年1月23日(火)
1st Stage Open 17:30 Start 18:30
2nd Stage Open 20:30 Start 21:30

詳細:http://www.billboard-live.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ボビー・コールドウェル来日企画 ファンから集まった質問への返答が到着!
AOR AGE×Billboard JAPAN PLAYBACK INTERVIEW: BOBBY CALDWELL
THE YEAR of AOR ~2016年のAORを総括。SONY AOR CITY1000・WARNER AOR BEST SELECTION 1300 人気TOP 10も発表

Billboard JAPANの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。