体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ダニエル・ラドクリフがドラッグの運び屋に!『Beast of Burden』予告編が公開

ダニエル・ラドクリフがドラッグの運び屋に!『Beast of Burden』予告編が公開

ダニエル・ラドクリフが出演する映画『Beast of Burden』(原題)の予告編第一弾が公開された。どうやらハリー・ポッターとは違い、自分に魔法をかけて面倒なことから抜け出すことはできないようだ。

ダニエル・ラドクリフが演じるのは、小型飛行機を操縦してアメリカからメキシコの国境を越え、最後にもう一度コカインを密輸しなければならないパイロット、ショーン・ハガティ。予告編では、危険なカルテルと麻薬取締局(DEA)の間に挟まれ、パブロ・シュレイバー演じるエージェントの一人から見下げられたように「お前は運び屋以外の何者でもないと思え」と言われるシーンも。

ハガティには、病に冒された妻(グレイス・ガマー)がおり、今回ドラッグの密輸が成功したら、妻を治療することができる。だが、もし失敗したら・・・。

ダニエル・ラドクリフは、『ハリー・ポッター』シリーズが終了してから、興味深いキャリアを積んできた。『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』、『ヴィクター・フランケンシュタイン』、『スイス・アーミー・マン』、『グランド・イリュージョン 見破られたトリック』といった映画で、幅広い役を演じている。

『Beast of Burden』(原題)は、アメリカの一部の映画館で2月23日に公開される。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

『アベンジャーズ』第4弾がクランクアップ!お祝いのケーキにはヒントがいっぱい?
『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』のあらすじが正式公開!
レオナルド・ディカプリオ、マンソン事件を題材にした新作でクエンティン・タランティーノと再びタッグ!
ダニエル・ラドクリフ、賛否を呼ぶ『ファンタスティック・ビースト』シリーズへのジョニー・デップ出演についてコメント
『ザ・フロリダ・プロジェクト』子役ブルックリン・プリンス、キュートな受賞スピーチで放送映画批評家協会賞の話題をさらう

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会