体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

特別な場所に飾っておきたくなる……♡ 絵本作家・酒井駒子さんの絵が装丁に使われた本たち

特別な場所に飾っておきたくなる……♡ 絵本作家・酒井駒子さんの絵が装丁に使われた本たち

多くの本や雑誌の表紙を担当している絵本作家・酒井駒子(さかいこまこ)さんが描いた絵はどれも、繊細で、静謐な息遣いを感じます。

そんな酒井駒子さんの絵が装丁に使われた、思わず飾っておきたくなる本たちをご紹介します♡

「森のノート」酒井駒子

特別な場所に飾っておきたくなる……♡ 絵本作家・酒井駒子さんの絵が装丁に使われた本たち

Instagram@_s.t0704

2017年9月に初のエッセイ、作品集である「森のノート」を発売した酒井駒子さん。

くまのぬいぐるみを抱きしめる少女が描かれたこちらの表紙は、家の中の自分がいちばん素直でいられる場所に置いておきたいですね。

<<購入はこちら>>

http://amzn.to/2mntCIG

「金曜日の砂糖ちゃん」酒井駒子

特別な場所に飾っておきたくなる……♡ 絵本作家・酒井駒子さんの絵が装丁に使われた本たち

Instagram@panier_de_fleurs

3話の短編がおさめられた絵本「金曜日の砂糖ちゃん」は、そのかわいらしい表紙からは想像もつかないような、ざわざわとした感覚を胸に残してくれます。

特別な場所に飾っておきたくなる……♡ 絵本作家・酒井駒子さんの絵が装丁に使われた本たち

Instagram@unica7070

まさに大人のための絵本。悪い夢をみないように、ベッドサイドに置いておくのが良いですね。

<<購入はこちら>>

http://amzn.to/2moRbkK

「蛇行する川のほとり」恩田陸

特別な場所に飾っておきたくなる……♡ 絵本作家・酒井駒子さんの絵が装丁に使われた本たち

Instagram@numaaa0305

ミステリーを多く手がける作家・恩田陸の著書「蛇行する川のほとり」の表紙にも、酒井駒子さんの絵が使われています。

少年少女特有の危うい雰囲気が儚く表現されていますよね。

特別な場所に飾っておきたくなる……♡ 絵本作家・酒井駒子さんの絵が装丁に使われた本たち

Instagram@matsukou_3

淡いピンク色の表紙は、まるで宝物のよう。ひっそりした場所に飾っておきたい1冊です。

<<購入はこちら>>

http://amzn.to/2ml2zha

「無花果とムーン」桜庭一樹

特別な場所に飾っておきたくなる……♡ 絵本作家・酒井駒子さんの絵が装丁に使われた本たち

Instagram@86_gk0

アーモンドアレルギーのヒロインとその兄の死をめぐる物語が描かれた「無花果とムーン」は、暗いトーンで描かれているのが印象的。

できれば額に入れて壁に飾っておきたくなる、そんな絵ですよね。

<<購入はこちら>>

http://amzn.to/2mmeYS3

「活発な暗闇」江國香織

特別な場所に飾っておきたくなる……♡ 絵本作家・酒井駒子さんの絵が装丁に使われた本たち

Instagram@macarons_au_chocolat

「きらきらひかる」「落下する夕方」などの著者で有名な江國香織の「活発な暗闇」でも、酒井駒子さんの絵が表紙になっています。

この表紙は、2003年に発売されたものの新装改訂版として発売されたようです。

<<購入する>>

http://amzn.to/2moSY9s

「最果てアーケード」小川洋子

特別な場所に飾っておきたくなる……♡ 絵本作家・酒井駒子さんの絵が装丁に使われた本たち

Instagram@re_sarasa29

小川洋子の作品「最果てアーケード」に使用されている絵は、女の子が大きなおさげをおそるおそる見ていて、不思議な世界観を醸し出しています。。

家の中でいちばん清潔で静かな場所に置いておきたい1冊ですね。

<<購入する>>

http://amzn.to/2mmt067

「七月に流れる花/八月は冷たい城」恩田陸

特別な場所に飾っておきたくなる……♡ 絵本作家・酒井駒子さんの絵が装丁に使われた本たち

Instagram@sentimental_sunset

恩田陸作品と酒井駒子さんの装画は相性が良く、「七月に流れる花」「八月は冷たい城」の2作でも、表紙として使用されています。

本の中には、不穏さ漂う酒井駒子さんの絵も多数収録されているので、イラスト集のようにして、あまり本を読まない人にも贈りやすい本になっているんです♩

<<購入はこちら>>

http://amzn.to/2mktdHj/http://amzn.to/2ml4sKM

「夜は、待っている」糸井重里

特別な場所に飾っておきたくなる……♡ 絵本作家・酒井駒子さんの絵が装丁に使われた本たち

Instagram@aoi19930415

コピーライターとしても知られる糸井重里の“小さいことば”シリーズ、「夜は、待っている」。

小さな言葉の塊がいくつも収録されていて、さらっと読めつつも、ちゃんと心に残していける本なので、トイレやキッチンなど、ちょっとした空き時間ができるような場所に置いておくと良いのかも♩

<<購入はこちら>>

http://amzn.to/2mimUUu

つい部屋に飾ってしまいたくなるような素敵な表紙の本、いかがでしたか? もちろん内容も面白いものばかりなので、気になった人はぜひ手にとってみてくださいね。

生活・趣味
ISUTAの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。