体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

高級食材をリーズナブルな価格で楽しめるレストラン

1月18日放送の「朝の!さんぽ道」(テレビ東京系、午前07時35分~)では、昔のガイドブックを使い銀座を散策した際に紹介で、「俺のスパニッシュ」(東京都中央区)が紹介された。

同店は、JR山手線新橋駅から徒歩5分程にあるレストラン。ドバイのホテルレストランでシェフを務め、ドバイ国王に料理を提供した経験を持つシェフが作るスペイン料理をリーズナブルな値段で頂けると評判のお店。

お店を訪れた藤田朋子さんは、まずお店のオススメメニューである「牛サーロイン・竹炭のフラメンキン~~ハモンセラーノ・モッツァレラ」(1,780円)を頂く事に、牛のサーロイン肉に、竹炭を混ぜたパン粉をまぶしてから油で揚げてから生ハム、モッツアレラチーズ、スライスしたトリュフを乗せた一品だ。早速「いただきます!」と一言添えてから1口すると「お肉と、このチーズの相性が凄く良いですね~。口の中で混ざり合って凄く美味しいです。う~ん!こんなお料理食べたことない!」と絶賛した。

続いて「イベリコペジョータのプルーマ・フォアグラのライヤード」(1,980円)を注文。最高級のイベリコ豚一頭から500gしか採れない希少な肉である「プル-マ」を焼いてから、仕上げに凍らせたフォアグラをすり下ろして完成。焼いたイベリコ豚の熱で溶けたフォアグラの香りを楽しむ事が出来る一品だ。こちらも「いただきます!」と一言添えてから1口頂いた藤田朋子さんは「フォアグラさんが、溶けて、口の中で良~い感じになります!豚さん柔らかいですね~!厚みがありますけどもろともしない感じで口の中に溶けます!美味し~い!フォアグラをソースにするなんて、贅沢の極みですね。」とお気に召した様子だった。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:俺のスパニッシュ(ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:銀座のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:洋食・西洋料理のお店紹介
ぐるなび検索:銀座×洋食・西洋料理のお店一覧
生ハムをたっぷり載せた「ガレット」
ふわふわ「アジフライ」とピリ辛「根菜のきんぴら」

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会