体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

遠隔操作がスムーズになったビデオチャットロボ「BeamPro 2」

セキュリティカメラの映像をアプリでチェックできるのは、もはや当たり前の時代。必要に応じて双方向の通話もできる。

しかし、米国のSuitable Technologies社が開発しているのは、そうしたビデオチャット機能にロボットを組み合わせたデバイス。

このほど発表した「BeamPro 2」は、遠隔地にいる人がロボットを動かしながら映像コミュニケーションをとれるというもの。電話会議や遠隔医療などでの活用を想定している。

・障害物センサー搭載

高性能なセキュリティカメラでは、遠隔からズームしたり、カメラの角度を調整したりすることは可能だ。しかし、BeamProの場合、車輪がついていて自由自在に動かすことができる。

しかも最新のBeamPro 2には障害物を感知するセンサーが搭載され、人や物を避けながら動く。開発元によると、病院や学校、製造現場、美術館など人が多いところでも十分機能するという。

・距離を超えて自然な会話

また、BeamPro 2では、24インチのディスプレイに広角の12メガピクセルHDカメラ2つを備え、3D深度センサーも搭載。

明るさを自動調整するセンサーや3つのスピーカーなどととともに、あたかも相対しているかのような自然なコミュニケーションを提供する。

例えば、大企業の社長が、海外にある工場を視察するとき、実際に足を運ぶのではなくBeamPro 2を使って工場内を順に見回り、社員とコミュニケーションをとる、なんて使い方ができそう。

BeamPro 2の価格は未定ながら、今夏にも発売される見込みだ。

BeamPro 2

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy