体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“盆栽女子”増加中!ゆるふわ系アイドルもハマるのか検証してみた【前編】

“盆栽女子”増加中!ゆるふわ系アイドルもハマるのか検証してみた【前編】

“おじいちゃんの趣味”というイメージが強かった盆栽。しかし、90年代以降はアートとして注目され始め、“盆栽女子”も増加している。その魅力は普遍的なものなのか。ゆるふわ系のモデル・葵井えりかちゃんを実験台にして検証した。

白羽の矢を立てたのは「2017ミスヤングチャンピオン」ファイナリストのモデル・葵井えりかちゃん(25歳)。
葵井(あおい)えりか

1992年2月5日生まれ T166cm 血液型0型
SUPER GT 2017 GT300のレースクイーン。第8回ミスヤングチャンピオンファイナリスト。サンテレビ『ぷるるん!トラベラー』準レギュラー。

Twitter
Instagram

趣味は「ダーツ」と「晴れた日のお散歩」で、おっとりタイプ。もちろん盆栽の「ぼ」の字も知らない。

そんな彼女を小旅行に連れ出した。詳細は一切告げていない。予習されると困るからだ。

▲「わー、盆栽の街なんですねぇ」

▲ファンに向けてツイート

JR宇都宮線土呂駅で下車して、向かったのはさいたま市大宮盆栽美術館。世界初の公立の盆栽専門美術館で、盆栽のすべてがわかるといっても過言ではない施設だ。

ここでえりかちゃんが奥深き盆栽の世界に感動したら、その魅力は普遍的ということになる。

▲「漢字? 書けますよ。私、漢検一級を持ってるんです」

駅から徒歩5分、さいたま市大宮盆栽美術館の入り口に到着した。

 

おじいちゃんちの盆栽は、もうちょっとかわいい方がいいなぁと思った

▲緊張気味に門をくぐる

出迎えてくれたのは同館主事の橋本浩明さん(29歳)。自身でも盆栽を育てている盆栽愛好家だ。

▲「よろしくお願いします〜」

ーー今までに盆栽を見たことは?(橋本さん、以下同)

「あ、おじいちゃんちにありました。もうちょっとかわいい方がいいなあと思った記憶が……」

 

2016年の来館者数は約7万5000人で、年々増えている

▲さっそく、講義が始まる

ーー2016年の来館者数は約7万5000人で、年々増えていることからも盆栽ブームは高まっているといえます。とはいえ、まだまだ若い方は少ないので葵井さんみたいな人がPR大使になってくれるとうれしいですね。

「わかりました! 今日はしっかりと勉強します」

1 2 3次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会