体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コムアイ持論!誕生日を忘れてて破局するのは…

コムアイ持論!誕生日を忘れてて破局するのは…
J-WAVEで放送中の番組「SPARK」(水曜担当ナビゲーター:水曜日のカンパネラ)。1月17日(水)のオンエアでは、受験生からのお悩みに答えたり、街の人に気になる話題についてお聞きしたりしました。

高校3年生のリスナーからは「入試本番が近づいていて、ガチガチに緊張しています。まわりの友達は、指定校推薦やAO入試などで早々と進路が決まっていて、すごく焦ります。落ち着く方法を教えてください」という相談が届きました。

コムアイは「自分のペースでやるしかないけど、『受験に落ちても来年頑張ればいい』と思ったり、『他に自分の才能を生かせる場所を探せばいい』と思えば、少し楽になって頑張れるんじゃないかと思う」とアドバイスしました。コムアイも緊張することがあるそうですが、いかに「失敗しても大したことはない」と思うかがポイントのようです。

続いて、気になるニュースについて、街の人の意見を聞く「ニュース拾い食い」コーナーでは、街にいた女性から「元日に入籍する人も多かったけど、その影には結婚記念日を忘れないっていう、新郎側の陰謀が見え隠れする」という意見が。コムアイは「本当にそうだとしたら新郎は頭が良いよね」と感心。ちなみに、水曜日のカンパネラのDir.Fは、彼女の誕生日を忘れて別れたことがあるそうです。

「忘れていたことが大問題になった、っていうことが問題だと思ったんですよね。普段からきちんとしていたら、小さなミスっていうことで終わるけど、相手に『大事にされてないな』って思われていた状態で、『誕生日こそは』と思っていたところで忘れちゃったから、大問題になったんですよね」と推測していました。とにかく、日々、頑張るしかないようです…。

そのほか、「SPARK BOX」コーナーでは水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミと、DTMを作る時のポイントの話になりました。ケンモチ曰く、今回紹介した作品は出だしから「良い曲が始まりそうだぞ」と思わせる雰囲気が漂っていたらしく、コムアイも「最初の数秒で『良い』と思わせる力って才能だよね」と感心。トラックものは最初の10秒で印象が決まるそうで、特に今回の作品は「(出だしを聴いて)癖になりそうなものが始まりそうな、良い予感がする」と褒めていました。

さて、水曜日のカンパネラはただいま制作期間中。音源以外に、変わったプロジェクトも進行しているそうです! どのような内容になるのか、楽しみですね!

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SPARK」
放送日時:月・火・水・木曜 24時−25時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/spark/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会