体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本人メイガス氏、マジック界のアカデミー賞!マーリン・アワード2018を受賞

マジック界で最も権威ある賞の1つ、『THE MERLIN AWARD ザ・マーリン・アワード2018』にて「マーリン・アワード 2018」を日本人マジシャンのMAGUS(メイガス)氏が、昨年12月24日に受賞し、そのトロフィー授賞式がお台場のユナイテッドシネマにて行われた。

マーリン・アワードは、世界最大のメンバー数を誇るマジック団体『インターナショナル・マジシャンズ・ソサエティ』(以下IMS)が選定する、マジック界において最も名誉ある賞の1つ。マジック界の“アカデミー賞”といわれ、過去にはデビッド・カパーフィールドなどが受賞しており、日本人では島田春夫氏や故マーカ・テンドー氏が受賞している。

今回、受賞式のために初来日したトニー・ハッシーニ会長は「メイガスは、若くてタレント性があり、素晴らしいスキルのあるマジシャンだ。彼は、どんなマジックでも披露できるし、何よりも、他の人にマジックを提案し提供できるクリエイティブな力がある。IMSでは、世界で一番“創造力”のあるメイガスを讃えることにした」と、メイガス氏の功績を讃えた。

メイガス氏は、北海道出身。1988年にオーストラリア建国200年祭にて、2000人の観衆を前に初舞台をふむ。2016年には2時間におよぶ単独の冠番組「日本の奇術王メイガス 世界が認めるマジック超絶イリュージョン‼」(BS-TBS)が放送され、翌年5月には国際マジック誌『バニッシュ・マガジン』に16ページにわたる巻頭特集が組まれるなど、国内外を問わず、今、最も注目されているマジシャンの1人だ。

また、木村拓哉 川崎麻世 藤井隆 松井珠理奈(AKB48)  大泉洋 菅野美穂 本田翼 等のマジック指導を務める他、映画「ザ・マジックアワー・ショー」での三谷監督とコラボマジック制作や、最近では、双子ダンスで話題を集めた「斉木楠雄のΨ難」制作協力もしている。 トロフィーを受けとったメイガス氏は、「マジックはお金と時間、そしてモチベーションを維持するのが大変です。なけなしの気持ちを集めて頑張ってきました。支えて下さった皆様のお陰です」と、受賞の喜びを語った。

授賞式ではメイガス氏のマジックも披露され、メイガス流の超スピード感のある“脱出”イリュージョンを展開。見事、アシスタントの女性と瞬時に入れ替わりを果たした。なおメイガス氏は、『ジャパンカップ2018 マジシャン・オブ・ザ・イヤー』も同時受賞している。

マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。