体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BMWが新年最初の話題、2発!「BMW i3 マイチェン」と「丸の内に新ショップ展開」

BMWグループの勢いが止まらない――。

2017年のグループ販売台数9年連続で過去最高7万7954台。BMWブランド乗用車は3年連続伸長、過去最高5万2527台。MINIブランドは8年連続伸長、2017年も過去最高更新2万5427台。さらに車名別販売台数トップ10内に、BMWグループの6モデルがランクイン……と、すさまじい。

そんなBMWが、新年最初の“NEW”を発表した。ひとつは、BMW i3 マイナーチェンジモデルの発売。もうひとつは、東京・丸の内の「BMW Group Studio」を刷新し、「BMW GROUP TERRACE -DEAN & DELUCA CAFE-」をオープンさせたこと。

それぞれが1月15日にアンベール。BMWの新しい電気自動車とカフェ空間、その両方をみていこう。

前後バンパーに新デザイン、LEDライトを備えた新型 BMW i3

今回のマイナーチェンジは、おもにエクステリアが中心。外観で変わったのは3つ。

「新デザインのフロント&リア・バンパーを採用、街中での存在感を演出」

「マット加工が施されたクローム加飾を効果的に採用、都会にも映えるモダンさと洗練さを演出」

「ヘッドライト、ターン・インジケーターすべてに LED ライトを標準装備」

この3点。これに「新車登録から 8 年/走行距離10万km以内のバッテリー保証」が加わる。

ラインナップは、ピュアな電気自動車(EV)モデルと、直列2気筒DOHCエンジン(発電用)を積んだレンジ・エクステンダーモデルの2タイプ。価格帯は538~644万円。

この両方に、クールで洗練された印象の「ATELIER(アトリエ)」、モダンでナチュラルな「LODGE(ロッジ)」、上質かつ高級感あふれる「SUITE(スイート)」という3タイプのインテリア・デザイン・パッケージをチョイスできる。

本稿の写真はレンジ・エクステンダー搭載車のLODGE(ロッジ)。外観・インテリアを複数の写真で見ていこう。

BMW i3 レンジ・エクステンダー装備車 LODGE(ロッジ)仕様 写真集

1 2次のページ
マガジンサミットの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。