体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

劣等感を感じているなら、聴いてほしい1曲

劣等感を感じているなら、聴いてほしい1曲
J-WAVEで放送中の番組「SONAR MUSIC」(ナビゲーター:藤田琢己)。1月16日はDAOKOとのコンビでお送りしました。

日替わりの企画でお送りする「DAILY SESSIONS」のコーナーでは、DAOKOがリスナーの“エモいお悩み”の相談に乗り、音楽の処方箋を出す「DAOKOのエモクリニック」をお届けしました。

この日に取り上げたのは、「学校などで人と自分を比べて、勝手に劣等感を感じてしまう」という悩み。

「あのコはみんなから好かれているなぁ、あっちのコは勉強ができてみんなに褒められているなぁ、でも私は…となって、表ではいつもと変わらず明るくしていますが、裏では落ち込んでしまいます。(中略)劣等感を軽くするにはどうすればいいでしょうか?」とのこと。

これは誰にでも当てはまるのでは、とDAOKO。

「私も今20歳ですけど、全然ある。比べるっていうか、道とか歩いてたり、電車とか、人の顔よく見ちゃうから、『ああ、世の中かわいい人いっぱいるわぁ』みたいな(笑)」と日常的に落ち込んだりするそうです(笑)。

学校では特に、みんなが同じことをするので、例えばテストの点数などどうしても順位は出てしまうものですよね。しかし、このリスナーさんは落ち込みながらも、“表ではいつもと変わらず明るくしている”ということに「すごい!」とDAOKO。DAOKOは落ち込んだら露骨に顔に出てしまうそうなので、逆にリスナーさんを尊敬していました。

そこで今回、DAOKOが“処方箋”として選んだのは、先日、家入レオさんが同番組内で紹介し、それから気になっていた…というアーティスト。「気になって聴いてみたら、アルバムを通して良くて、その中でも詞にすごい胸を打たれました」と言います。

ということでお送りしたのは、大江千里「昼グリル」。周りと比べて劣等感を感じてしまうという方は、ぜひ歌詞を深く聴いてみてください。

この他、J-WAVEで毎週金曜深夜25時30分から放送している「MUSIC HUB」のナビゲーター、小袋成彬さんがスタジオに登場!

宇多田ヒカルさんをプロデューサーに迎えたアルバム「分離派の夏」で、ソロデビューすることが発表された小袋さん。4月25日リリースのアルバムから、先行曲「Lonely One feat. 宇多田ヒカル」をいち早くオンエアし、同作ついて、自ら語ってくださいました。こちらも要チェックですね♪

この記事の放送回をradikoで聴く
PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「SONAR MUSIC」
放送日時:月・火・水・木曜 21時−24時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/sonarmusic/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会