体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2種類の編み込みで作る三つ編みハーフアップで上品レディになりましょう

目指すは、上品さと清潔感を兼ね備えた誰からも好かれる愛されヘア♪

お手軽で簡単にできるハーフアップアレンジ。
上品で清潔感があり、愛されヘアなのもその魅力のひとつ。
そこで今回は、そんなハーフアップの魅力を最大限に引き出したアレンジ方法をご紹介します。

ねじり編みと三つ編みの2種類の編み方で作るハーフアップアレンジのやり方

① 耳上(サイドとトップ)と耳下の2つに髪を分けて、耳下部分をゴムで結んで仮留めします。
② 耳上をコテで波ウェーブに巻いてベースを作り、後にまとめた時に動きが出るようにします。
③ 耳上の髪をサイドとトップの2つに分けます。トップの髪をゴムでひとつにくくり、少しずつ毛束を引っ張りながらほぐして無造作感を出します。
④ サイドを縦に半分位で2つに分けてねじりながらより合わせるねじり編みで編み込んでいき、ゴムでしっかり留めます。もう片方のサイドも同じように編んでいきます。
⑤ 両サイドのねじり編みを、トップのひとつ結びの結び目にぐるっと一周巻き付けてピンで固定します。巻いた時に余ったねじり編みの毛先は下に垂れるようにし、③で作ったひとつ結びと、両サイドのねじり編みの毛先をまとめて、それを3つに分けて三つ編みにしてください。編み終わったらゴムで留め、雰囲気を和らげるため編み目を指で少しずつ取りほぐしていきます。
⑥ 2つに分けていた耳下部分を、コテを使って波ウェーブに巻いていきます。トップの結び目にアクセサリーを付けます。

下ろしている髪をサイドにもってくれば厚みが出てかわいさアップ

ハーフアップにして結んだ毛束は、三つ編みや編み込みなど編むことによってより上品で洗練された印象になります。結び目にシルバーのアクセサリーを付ければ、華やかさもカンペキですね。
ハーフアップの下ろしている髪と三つ編みをサイドに持ってくれば、正面に厚みが出て、カワイイ印象になります。簡単だけれど奥が深いハーフアップアレンジ、ぜひマスターしてください♪

美容師/井本敏洋(エイブルビヨウシツ)

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。