体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ザ・ウィークエンドを超える!? 19歳のカリードに注目

ザ・ウィークエンドを超える!? 19歳のカリードに注目
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「MUSIC +1」。1月17日(水)のオンエアでは、オルタナティブR&Bの新星、カリードに注目しました。

カリードはテキサス育ちの19歳。毎年、新人シンガーがリストアップされる「BBC Music Sound Of 2018」では4位に入っています。今月末に発表される「第60回 グラミー賞」では、主要4部門のひとつ、最優秀新人賞を含む5部門にノミネート! 音楽好きな母親の影響を受けて音楽の道を志し、物心がついた頃からアッシャー 、TLC、ブランディなど、90年代のR&Bを聴いて育ったそうです。

2015年頃からは、歌っている動画をネットにアップ。多くの音楽関係者の耳に止まり、注目を集めるようになりました。デビューアルバム「American Teen」に収録されている「Location」はまさに、デビューのきっかけとなった曲です。

そしてその曲で、「君のいる場所を教えて。電話でもSNSでもなく、実際に会ってコミュニケーションをとりたいんだ」という等身大の10代の姿を歌詞にしています。

人間味があり、日記を見ているような感じの歌詞ですが、サッシャは「誰もが共感するような内容でありながら、違う視点で当たり前の日常を切り取っている」と感心していました。

サウンドは、今流行りのオルタナティブR&B。オルタナティブR&Bといえば、例えばカナダを代表するアーティスト、ザ・ウィークエンド、‟オルタナティブR&Bの先駆け”ともいわれるフランク・オーシャンなどが有名ですが、カリードは、そんな彼らに匹敵、もしくは追い越すかもしれない、と期待されています。

カリードのアルバム「American Teen」の日本盤は1月24日(水)にリリースされます。今から楽しみですね!

この記事の放送回をradikoで聴く
※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】

番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。