体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

長谷川愛、初の生バンド編成でワンマンライブを開催

長谷川愛が2018年1月13日(土)に目黒Blues Alley Japanでワンマンライブ『長谷川愛 premium band live AI land vol1『BLACK or WHITE?』』を開催した。男装ユニット・風男塾の愛刃健水としても活躍中の長谷川愛は、つい先日に全国ツアーを終えたばかりにも関わらず、自身にとって3回目となるワンマンライブを初のバンド編成で行なった。
1月13日@目黒Blues Alley Japan (okmusic UP's)

過去のワンマンライブは、2016年6月に渋谷Mt.RAINIER HALL、2017年2月に大阪amHALLと、どちらもダンスありのパフォーマンスを中心に開催してきたが、今回は今まで経験してきていない生演奏。そしてBlues Alley Japanの会場の雰囲気に緊張感が高まるなかのライブだった。ライブでは、オリジナル曲、カバー曲を交えながら全15曲を熱唱。公演タイトル通り、1部の衣装は“黒”、2部は“白”のドレスに身を包み、集まったファンを熱狂させた。

立ち見を含め会場には160名程のファンが集まったが、ほとんど女性ということに驚いた。最近では女性アイドルを好きな女性も多くなってきており、今回の長谷川愛のライブにも女性ファンがいることはおかしなことではないが、9割5分は女性で、男性の姿がほとんど見られなかった。女性に憧れられる存在ということはライブを見て少し分かったような気がする。

生演奏となると、歌のクオリティによってライブ自体がかなり左右される。長谷川愛はどこまでやれるのかと気になっていたが、そんな心配は歌声をきいて全て吹き飛んだ。生演奏にもしっかり対応できる歌唱力と、ファンの心をガチッと掴むトーク力、表現力。長谷川愛のアーティストとしての存在感を感じることができた。ファンへの対応にも素晴らしいものを感じ、全てにおいて女性に憧れられる存在だと思った。

アンコールの後に、4月08日(日)に同会場でワンマンライブを開催することを発表。次回はどんな長谷川愛が見れるのか、今から非常に楽しみだ。
【セットリスト】

■1部

1.君へ

2.music

3.Ti Amo

4.どうして君を好きになってしまったのだろう

5.wherever you are

6.遠く 遠く

7.Happiness

8.with you

■2部

1.Shiny Days

2.Rainy Labyrinth

3.パートオブワールド

4.自由の扉

5.I SEE ME

6.Beautiful Life

<ENCORE>

愛のすべて
【長谷川愛ワンマンライブ】
2018年4月08日(日) 東京・目黒Blues Alley Japan

チケット発売日:後日発表
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。