体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アートとファッション。限りなく境界線が無いところで生きる私たち。その生き様「BONDLESS ∞」

26972705_1811434062264048_1393865129_o

アートの幅もファッションの幅も広がっている今、それぞれはそれぞれの面を共に持っているように感じる。
アートとファッションの融合というテーマ、私たちにとってそれほど難しいテーマなのだろうか。
根っからのアーティストや芸術家、根っからのデザイナーやファッショニスタ、別々に考えることもできるけれど、皆アートやファッションを自分の生き方の中に持って居るのは同じ。
どちらかに一方ではなく、アート性とファッション性を共に自分の中に共存させて生き、どちらかに決めないといけないことはなく、私たちの中でそれはある意味境界線が無いという生き方はとても身近ですぐそこに、日常の中にある。
分けることも出来るけれどアートとファッションの情熱や激情は自分の生き方に対する同じ原点から来るもの。
限りなく境界線が無いところで生きる私たち。その生き様。

タイトル:BONDLESS ∞
日時:2018年1月17日〜1月28日 13:00〜20:00(月休)
場所:BLOCK HOUSE 東京都渋谷区神宮前 6-12-9
Opening Reception: 1月20日(土)17:00~20:00
出展作家:ALICORN / ALI YANAGI、BIRDMAN、渋川舞子、yurinalily
Guest designer: Yoshikazu Yamagata

20171226-arikorn2
ALICORN / ALI YANAGI
アーティスト。ファッションデザイナー山縣良和主催の「ここのがっこう」を卒業し、ファッションブランドとコラボレーションなどをしながら、独学でアートクリエーションを学び、服飾の世界からアートの世界へ進出。東京を拠点に絵画個展などを開き活動中。現在、自身が描いた絵画をもとにデザインしたラウンジウェアも手がけている。

20171226-birdman500
BIRDMAN
日本に来る前にタピオカ、火鍋、しゃぶしゃぶ、映画館、学校の売店、子供用教材書、雑貨、玩具屋、健康商品、アウトドア服など色々な仕事をやりました。今は絵描くこととファッションを興味ありますので、一生懸命頑張ります。2015年10月TRANS ART TOKYO参加 相沢ビル6F monster world展示/2016年7月原宿WALL BIRDMAN初イベント<7月のひな祭り>/同年12月 WALLでクリスマスイベント<BIRDMAN聖歌隊>/2017年8月東京都美術館TURNという企画で展示。

20171226-shibugawa2
渋川舞子
新宿・歌舞伎町のセレクトショップ、THE FOUR-EYEDのディレクター兼バイヤー、スタイリスト。
岩手県出身。高校卒業後に渡英、ロンドン芸術大学へ進学。ロンドン学生時代よりファッション業界でのキャリアを開始。日本帰国後にはFashion TVのファッションジャーナリストとして各国のファッションウィークを周り、インタビュアーとして活躍した経歴をもつ。

20171226-yurina
yurinalily
Londonをベースに『忘れたくない全て』をテーマにしたアートプロジェクト、「MISS YOU UK」をスタートさせる。初となるフォトブックは代官山蔦屋書店にて発売中。

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会