体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

市川孝典 × 鬼海弘雄 「sprinkling A-side 」/ 市川孝典 個展 「slip out」

ginza
Kosuke Ichikawa,
untitled(Hiroh Kikai), 2015
burnt paper mounted on frame
1400mm×1050mm
©2015 Kosuke Ichikawa All Rights
Reserved.

 

市川孝典の個展と、ニ人展が開催される。今回は市川にとってes galleryで開催してから1年ぶりの展覧会となる。
「sprinkling A-side」では写真家・鬼海弘雄との二人展を市川のキュレーションにより開催。
今回は鬼海の写真作品にインスピレーションを受けて市川が線香の焦げ跡、更には手描きによる淡彩の後、sanderによって仕上げられた新作、また市川により選ばれた鬼海の代表作を含む写真作品で構成される。
一見共通点のない二人の作家だが、街の中にある通り過ぎていたであろう何気ない風景や人々を撮影し続ける鬼海の作品は、ふと思い出す日常の移ろいやすい記憶を描き続ける市川の作品と不思議と重なる。
市川、鬼海ともに今回の展覧会が初のグループ展への参加。普段から交流の深い二人だからこそ実現できた、唯一無二の展覧会となっている。
個展では、インク、パステル、水彩などで描き、sanderにより仕上げられた初のカラー作品を発表。市川は60種類以上の線香を温度や太さなどで使い分け、一切の下書きなしに少しずつ紙を焦がしながら描く<線香画>のスタイルで広く高い評価を受けてきた。今回はそのスタイルから一転させ、新たな市川の世界観を描き出す。

「slip out」はSNS上の時間のずれが引き起こす、他人の記憶が自分の記憶と近づく感覚を表現。市川は「記憶と時間」をテーマに作品を制作してきた。前回の展示では、時間と記憶のずれを作品を切りはなすことで、その中に揺らぐ感情を表現。今回はSNSのイメージがスクリーンに現れる一瞬の揺らぎ、他人の記憶から自分の記憶、そしてそれがまた他者への記憶へとすり替えられ変貌する「時間と記憶のずれ」を表現。それは、で鬼海の記憶の一部である写真作品を自分の記憶として描き出し、紙上に再出現させる試みにも見ることができる。
また、初発表となる、日付けをモチーフにした作品では作家自身が毎日upしているInstagramから着想を得た作品。一見ありふれた、ある1日を表しているが、文字の並びに変化を与えることで、少しの違和感と感覚的なずれや揺らぎを感じさせる。
すべて新作で構成された、市川の新しい試みとなる展覧会となる。

———————————————————————————————————————————
作家ステートメント
「sprinkling A-side 」
いつも描くのは、ふと思い出すとても愛おしく儚い、些細な日常の何気ない場面です。
何かを失って(得て)、何かが変化して、思い出すのは、どうでも良い、その時は何も感じていなかった日常
の何気ないひと時です。
会ったことのない人達や景色のはずなのに、
肖像も街も僕の記憶の中の鬼海さんの写真で、僕がつくりかえた僕の中の記憶です。
いつもポツポツ雨が降ってます。
素敵です。
「slip out」
毎日世界中の人々がアップする各人の平凡で特別な日常。
時間のづれでボヤけた一瞬に、世界中の人々の個人的な記憶から僕の記憶、他者への記憶へとすり替えられ
変貌する。
そして、ボヤけていた曖昧な画像は直ぐに、鮮明になり僕の記憶から滑り落ちて、また消える。

qn
Kosuke Ichikawa,
untitled(nude), 2017
Ink,Acrylic,Watercolor and Pastel on paper
mounted on frame
850mm×680mm
©2017 Kosuke Ichikawa All Rights Reserved.

市川孝典 × 鬼海弘雄 「sprinkling A-side 」
期間:2018年2月8日(木)~2018年3月9日(金)
11:00-20:00 *月曜定休/日曜はアポイント制
【アポイントメント連絡先】
Soni. Tel. 080-4353-3170(担当 綾瀬)
Mail. info@ichikawakosuke.com
場所:Basement GINZA 東京都中央区銀座4丁目3−5Ploom Shop 銀座店 B1F
http://basementginza.jp/

市川孝典 個展 「slip out」
期間:2018年2月10日(土)~2018年3月4日(日)
*土.日.祝.のみ11:00-20:00オープン/月−金はアポイント制
【アポイントメント連絡先】
QUIET NOISE arts and break
Tel. 03-5738-8440 (担当 井上) Mail. info@quietnoise.jp
場所:QUIET NOISE arts and break 東京都世田谷区代沢2-45-2 1F
http://www.quietnoise.jp/

NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。