体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

神回避とはまさにこの事?デバッグ神社建立で原因不明のバグ解消の不思議

神回避とはまさにこの事?デバッグ神社建立で原因不明のバグ解消の不思議

 科学が進歩した現代社会。それまで謎と言われていた現象も科学で解明されてきていますが、未だ解き明かされていない謎もこの世には多く存在します。そして人は時に、いくら科学が進歩したといえど、神という存在に助けを求めることも……。そんな力にすがった、あるプログラマーの話が話題です。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

 未来の観光地をモチーフにした立体作品をつくったり、オモチャや楽器の発明などを手掛けているアストロ温泉さんが見たその不思議な現象。次の様に紹介しています。

「原因不明のバグに悩まされたマレーシア人のエンジニアさんがボー然としながら緩衝材をボンドでくっつけてなんか作っていたので、『なにそれ?』と聞いたら、『デバッグジンジャです』と。そしてデバッグ神社建立と同時になぜかバグは消えた。なんなんだデバッグ神社。」 この投稿には、濃いグレーのスポンジ素材で作られた通称『デバッグ神社』の画像も添えられていました。

原因不明のバグに悩まされたマレーシア人のエンジニアさんがボー然としながら緩衝材をボンドでくっつけてなんか作っていたので、「なにそれ?」と聞いたら、「デバッグジンジャです。」と。そしてデバッグ神社建立と同時になぜかバグは消えた。なんなんだデバッグ神社。 pic.twitter.com/5IFQpnhMxg

— アストロ温泉 (@ASTROONSEN) 2018年1月17日

 このツイートが投稿されると瞬く間に拡散され、同業の人からも似たような不思議な現象が複数報告されています。ファクシミリの原因不明のバグにお手上げ状態で、神社からもらってきた厄除けのお守りを貼り付けてみたところ何故か解消されたという話や、ゲーム内で神様の名前を呼び捨て状態で出してしまったらバグが多発、敬称をきちんとつけたらバグが解消されたなどなど。信じるところには神様はきっといると確信してしまう様な現象が相次いで報告されています。

 再現性の不確かな、どこをどう見ても原因が分からない現象というのは往々にして見かけたりするものですが、人知を超えたところに存在する何かはきっと「神」と言われる存在として実在しているのかもしれませんね。

 ちなみにこの神社、素材は電子部品を注文した時に箱に入っていたスポンジのクッションで建立後はオシロスコープの上に置いてあるのだとか。建立したエンジニアさんにツイッター上ですごい反響があったことを伝えたらびっくりして「ちゃんと奉らなきゃ」ってなっているんですって。地元の神社でお札を授与してもらえば完璧かもしれませんね。
神回避とはまさにこの事?デバッグ神社建立で原因不明のバグ解消の不思議神社建立に使われた素材。

<記事化協力>
アストロ温泉(@ASTROONSEN)さん

(梓川みいな)

関連記事リンク(外部サイト)

避妊だけじゃない。女性の体と心の悩みとピルの効用が話題
認知症の想像と現実が話題 家族が認知症になった時どうすれば?
雲海=雲の海だからサーフィンできるんじゃ……→「雲海サーフィン」に49歳男性が本気で挑戦!

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy