体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エディターズ、6thアルバムが完成! 汚職に染まった政治家やビジネスマンに宛てたMVも

エディターズ、6thアルバムが完成! 汚職に染まった政治家やビジネスマンに宛てたMVも

UKが誇る5人組ロック・バンド、エディターズが通算6作目のアルバム『ヴァイオレンス』をリリースすることが決定した。

2005年にデビューし、デビュー作は英国で最も栄誉ある音楽賞であるマーキュリー・プライズにノミネートされ、全英チャート2位を獲得した。続く2ndアルバムと3rdアルバムは共に全英チャート1位を獲得。そして、2015年にリリースされた前作もトップ5にランクインするなど、確固たる地位を築いてきたエディターズ。

新作の共同プロデュースを手がけたのはレオ・エイブラハムズ(フローレンス・アンド・ザ・マシーン、カール・バラー、カール・ハイドほか)。そして、ミキサーにはセンゾ・タウンゼントとアラン・モウルダーが名を連ねている。

アルバムからのリード曲「Magazine」について、フロントマンのトム・スミスは「この曲は権力を持った奴ら…汚職に染まった政治家やビジネスマンに宛てた曲。そして役になりきって皮肉を込めてそういった権力に執着した観衆の前で演奏するということ」と語る。

まずは、このたび公開されたその「Magazine」のMVをチェックしてみよう!

なお、エディターズは7月にロンドンのハイドパークで行なわれるザ・キュアーの公演でサポートを務めることが決定しており、2013年の〈Hostess Club Weekender〉出演以来となる来日公演の実現にも期待が高まるところだ。(雄)

『Violence(ヴァイオレンス)』
2018年3月9日発売
※日本盤にはボーナス・トラック、歌詞対訳、ライナーノーツ付き(予定)
<収録曲>
01.Cold
02.Hallelujah (So Low)
03.Violence
04.Darkness At The Door
05.Nothingness
06.Magazine
07.No Sound But the Wind
08.Counting Spooks
09.Belong

「Magazine」MV

https://youtu.be/08h4wVssYJM
エディターズ、6thアルバムが完成! 汚職に染まった政治家やビジネスマンに宛てたMVも

『ヴァイオレンス』

エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。