体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

レオナルド・ディカプリオ、マンソン事件を題材にした新作でクエンティン・タランティーノと再びタッグ!

レオナルド・ディカプリオ、マンソン事件を題材にした新作でクエンティン・タランティーノと再びタッグ!

レオナルド・ディカプリオがクエンティン・タランティーノの新作に出演することが決定した。

2人がタッグを組んだのは2012年の『ジャンゴ 繋がれざる者』が最初となるが、今回、名コンビが復活することになった。新作の具体的なあらすじはまだ明らかになっていないが、舞台は1969年のロサンゼルス、チャールズ・マンソン率いるカルト集団「マンソン・ファミリー」が女優シャロン・テートを殺害した「マンソン事件」にまつわる話だと報じられている。全米公開は、2019年8月9日を予定している。この日は、テートがマンソン・ファミリーの信者に殺害されてちょうど50年を迎える日だ。

ディカプリオの役どころは、年老いて引退した俳優とのこと。他のキャストはまだ発表されていないが、タランティーノはテート役をマーゴット・ロビーにオファーしたと報じられている。また、検事役にはトム・クルーズを希望しているという噂もある。

ディカプリオはオスカーを勝ち取った『レヴェナント:蘇えりし者』の撮影が終わってから、しばらく俳優を休業していた。昨年、気候変動を扱ったドキュメンタリー『Before the Flood』(原題)で製作総指揮とナレーションを務めたが、それ以外は2015年以降、表舞台には出ていなかった。

■参照リンク
http://www.moviefone.com/

関連記事リンク(外部サイト)

ダニエル・ラドクリフ、賛否を呼ぶ『ファンタスティック・ビースト』シリーズへのジョニー・デップ出演についてコメント
『ザ・フロリダ・プロジェクト』子役ブルックリン・プリンス、キュートな受賞スピーチで放送映画批評家協会賞の話題をさらう
スティーブ・ジョブズ末娘の華やかな生活ぶりがインスタで話題に
映画『スリー・ビルボード』は好き嫌いが激しく分かれる映画!?ゴールデン・グローブ賞4部門受賞で賛否が巻き起こる
毒舌セレブシェフのゴードン・ラムゼイが絶対に食べない〇〇とは?

AOLニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。