体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ジミ・ヘンドリックス、未発表音源からなる新作より「マニッシュ・ボーイ」を公開

ジミ・ヘンドリックスが3月14日にリリースする未発表スタジオ音源からなる新作『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』より、マディ・ウォーターズの名曲をアップテンポに改作した「マニッシュ・ボーイ」が公開となった。
Jimi Hendrix photo Chuck Boyd  (okmusic UP's)

1969年4月22日にニューヨークのレコード・プラントで行なわれた「マニッシュ・ボーイ」のセッションは、ジミ・ヘンドリックス、べーシストのビリー・コックス、ドラマーのバディ・マイルスからなる、のちの“バンド・オブ・ジプシーズ”としての記念すべき初録音でもあった。

『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』と名付けられた3月に発売される新作は、『ヴァリーズ・オブ・ネプチューン』(2010年)、『ピープル、ヘル&エンジェルス』(2013年)に続く、未発表スタジオ音源からなるアルバムの第3弾。1968年1月~70年2月の間にスタジオ録音された収録曲13曲のうち、未発表曲は10曲。楽曲の多くは“バンド・オブ・ジプシーズ”によってレコーディングされたが、ミッチ・ミッチェル(Dr)、ノエル・レディング(Ba)のジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスのオリジナルメンバーや、スティーヴン・スティルス、ジョニー・ウィンター、ロニー・ヤングブラッドらゲスト陣も当時のレコーディングに参加し、プロデュースは1996年以降にリリースされているジミ・ヘンドリックスのオーディオ/ヴィジュアル商品の全てを手掛けるジェイニー・ヘンドリックス、ジョン・マクダーモット、エディ・クレイマーが担当した。

iTunes Storeではアルバム『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』の予約注文を受付中! 予約すると、先行トラック「マニッシュ・ボーイ」がダウンロードできるようになっている。

また、日本盤CDのリリースに合わせて新作『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』の輸入盤国内仕様アナログLPも同時発売予定だ。
アルバム『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』
2018年3月14日発売

【日本盤CD】

SICP-5667/¥2,400+税

※初回デジパック仕様、解説・歌詞・対訳付き、ジョン・マクダーモットによる英文ライナー付き

【輸入盤国内仕様アナログLP】

SIJP-63~4/¥5,500+税

※完全生産限定盤、日本オリジナル帯、解説・歌詞・対訳付き、ジョン・マクダーモットによる英文ライナー付き、180g 2LP、ナンバリング付き、Gatefold Sleeve仕様

<収録曲>

01.Mannish Boy(*)/ マニッシュ・ボーイ

02.Lover Man(*)/ ラヴァー・マン

03.Hear My Train A Comin’(*)/ ヒア・マイ・トレインAカミン

04.Stepping Stone(*)/ ステッピング・ストーン

05.$20 Fine(*)(+) / 20ドル・ファイン

06.Power Of Soul(^)/ パワー・オブ・ソウル

07.Jungle(*) / ジャングル

08.Things I Used to Do(#)/ シングス・アイ・ユースト・トゥ・ドゥー

09.Georgia Blues(++) / ジョージア・ブルース

10.Sweet Angel(*)/ スウィート・エンジェル

11.Woodstock(*)(+) / ウッドストック

12.Send My Love To Linda(*)/ センド・マイ・ラヴ・トゥ・リンダ

13.Cherokee Mist(*)/ チェロキー・ミスト

(*)Previously unreleased

(^)Previously unavailable extended version

(+)Featuring Stephen Stills

(#)Featuring Johnny Winter

(++)Featuring Lonnie Youngblood

■『ボース・サイズ・オブ・ザ・スカイ』iTunes

https://itunes.apple.com/jp/album/id1318808449?at=10lpgB&ct=886446874814_al&app=itunes
 (okmusic UP's) (okmusic UP's)

エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。