体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“お茶”を使ったチョコレートで大人のギフトを演出!

京都の「福寿園」が、お茶を使ったバレンタインチョコレートを全国の福寿園ショップ・主要百貨店の催事場・福寿園オンラインショップなどにて1月中旬から限定発売。

「カレ・ド・茶(ちゃ)コラ」は、お茶の葉のさくさくとした食感が楽しめる、お茶の葉入り抹茶チョコレート。老舗茶舗がお茶にこだわって作った和風チョコレートだ。8個入り/1080円(税込)。

「濃茶トリュフ」は、風味豊かな抹茶トリュフに宇治抹茶をふんだんにまぶしたチョコレート。チョコレートのまろやかさに抹茶の程よい苦味がきいていて、本格的な抹茶トリュフに仕上がっている。4個入り/1728円(税込)。

「抹茶みつ」は、風味豊かな抹茶チョコレートで抹茶みつを包み込んでいる。トロッととろけだすみつのほろ苦い風味が楽しめる、こだわりのチョコレート。4個入り/1728円(税込)。

「宇治茶ボンボンアソート」は、濃茶トリュフと抹茶みつのアソート。木箱で装い、風呂敷で包んであり、和の雰囲気たっぷりな贅沢なひとときが楽しめる。8個入り/3888円(税込)。

「碾茶(てんちゃ)入り抹茶クランチショコラ」は、碾茶(石臼で挽いて抹茶にする前の茶葉)とフィアンティーヌ(薄焼きクッキーのフレーク)がサクッと香ばしい抹茶のクランチショコラ。5個入り/540円(税込)。

「ほうじ茶クランチショコラ」は、ほうじ茶とフィアンティーヌがサクッと香ばしいほうじ茶のクランチショコラ。5個入り/540円(税込)。

日本茶好きの人や、ちょっと年上のあの人にあげるなら、ほろ苦いお茶を使ったチョコレートで決まり!

ストレートプレスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。