体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

きりたんぽ! ハタハタ! 熊肉! 鍋の聖地・秋田を食べ尽くす

きりたんぽ! ハタハタ! 熊肉! 鍋の聖地・秋田を食べ尽くす

冬グルメの代名詞といえば、やっぱり鍋料理! 各地にさまざまなご当地鍋がありますが、同一県内での鍋バリエーションの多さで群を抜いているのは……ズバリ秋田県でしょう!(独断)。
定番は「きりたんぽ鍋」ですが、これは秋田鍋文化のほんの入り口なんです。今回ご紹介するのは、秋田のご当地鍋を食べ尽くす、冬のグルメツアー!
いぶりがっこ尽くしの旅をご案内いただいた、現地プロダクションclover+の藤田さち子さんにおすすめをピックアップしていただきました。

もちふわな山の芋鍋からスタート

JR東京駅から秋田新幹線こまちで約3時間。向かったのは、武家屋敷通りで有名な角館です。
秋田新幹線こまち

鮮やかな茜色の秋田新幹線こまち

ホームに降りた瞬間、キリリとした空気が肌を刺します。でも、この寒さが鍋の味を引き立てるんです!
今回はJR角館駅で駅レンタカーを利用し、雪の秋田ドライブを楽しみながら、鍋グルメを巡ります。

走ること10分で、最初の目的地「土鍋屋」へ。1853年創業の「安藤醸造」が運営している食事処で、老舗のしょうゆやみそを使った郷土料理が楽しめます。

安藤醸造北浦本館 外観 安藤醸造北浦本館の中にあります 土鍋屋 山の芋鍋

山の芋鍋

鍋ツアーのトップを飾るのは「山の芋鍋」です!
長芋よりも粘り気が強い「山の芋」で作った団子が入った、仙北市のご当地鍋。1980年に仙北市田沢湖町で生まれ、今では地元で愛される名物として定着しているんだとか。
土鍋屋 山の芋鍋

粘り気が強いため、つなぎがいらないそう

店舗によって山の芋団子以外の具材や味付けが異なるそうですが、こちらでは地産の山の芋100%の団子を、安藤醸造のしょうゆを使ったそばつゆで仕立てています。鶏肉、ゴボウ、ネギ、セリなど、きりたんぽ鍋と近い具材ですが、風味も濃厚な山の芋団子の“もちふわ”感で、まったく違う味わいに!
季節の料理で数量限定となっているため、気になる方はお早めに。

優しい味で身も心も温まったところで、歴史ある角館の武家屋敷通りを、ちょっとお散歩。

角館 武家屋敷通り

満開のシダレザクラが楽しめる4月下旬の時期が人気ですが、雪の武家屋敷通りも風情があります。
火振りかまくら

写真提供 (一社)角館町観光協会

1 2 3 4次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。