体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

くるくるするだけで出来上がり!セルフでできる簡単ドレッシーなアップヘアアレンジ

くるくるするだけで出来上がり!セルフでできる簡単ドレッシーなアップヘアアレンジ

自分で作るにはハードルが高めのアップヘアを簡単に楽しむ

自分で作るにはハードルが高めのアップヘアを簡単に楽しむ

セルフでヘアアレンジをするときの課題は、何と言っても自分で見えない部分の作業ではないでしょうか?
襟足を上げるアップヘアアレンジはワンパターンになってしまったり、作っても綺麗にまとまらなかったりと悩みが多む方も多いです。

そこで、今回はセルフで後ろ手にアレンジしたときもつくりやすい手順のアップヘアアレンジをご紹介します。
ヘアデザインは簡単さも考慮しましたが、シルエットも重視しました。ポイントを踏まえながら解説しますね!

テクニックも大切だけど、分け取り方に”こだわり”アリ!!

くるくるするだけで出来上がり!セルフでできる簡単ドレッシーなアップヘアアレンジ

1. まずは髪の毛を耳を境にして前後に分けます。
いきなりですがココ大事です!
顔周りは鏡で確認しながらおくれ毛を調整、深さは耳の上辺りまで。深過ぎると仕上がりにまとまりが無くなりやすいです。後で、バック部分で引き締まりを作るので、ゆとりを残しておきましょう。

2. サイドは後ろで結んで、内側にくるりんぱで1回転します。

3. 先ほどのくるりんぱと毛先を一緒にまとめます。後ろで三つ編みにして適度にほぐしましょう。
ここでのポイント!
この部分は後で丸めるので、三つ編み以外の編み方でも構いません。どの編み方でも仕上がりに大きな差はないので、好きな編み方で編んでください。三つ編みでほぐすときも細かく考えなくて大丈夫です♪

4. 次は作った三つ編みを丸めてピンで留め、バランスを微調整したら完成です。
ピン留めは少ないのが理想ですが、セルフアレンジなので毛束が安定するまで挿しましょう。

セルフアレンジでも挑戦しやすい簡単アップアレンジ。ぜひ参考にしてみてください。

美容師/福原慶之(intim hair)

AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。