体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

親日国【台湾】の日本文化人気がすごい!台湾の生活に溶け込んでいる日本とは

【台湾】日本と台湾の絆は深かった!台湾の生活の中に溶け込んでいる日本とは
(C)MAHATHIR MOHD YASIN / Shutterstock.com

親日で知られる台湾ですが、実はその親日さは凄まじく、90年代には「哈日族(ハールーズー)」という日本マニアを示す言葉が流行したほど。もちろん今でもそんな日本人気は衰えず、普段の生活のあちこちに日本の面影や文化が見られます。

【台湾】日本と台湾の絆は深かった!台湾の生活の中に溶け込んでいる日本とは
(C)weniliou / Shutterstock.com

今回は、そんな台湾に溶け込む日本をご紹介します。

台湾語の中に日本語の言葉がある

【台湾】日本と台湾の絆は深かった!台湾の生活の中に溶け込んでいる日本とは
(C)Daisy Liang / Shutterstock.com

現在台湾の公用語は中国語ですが、台湾で中国語の導入以前から使われている言語が「台湾語」。中国福建省南部の閩南語をベースとした文字を持たない言語で、発音も中国語とは異なります。

そんな台湾語ですが、単語の中にいくつか日本語と全く同じ発音のものがあるのです。例えば、「オートバイ」や「おばさん」。日本語の単語と意味も発音も変わらないので、実際耳にすると驚いてしまいます。

日本ネタがドラマに頻出する

【台湾】日本と台湾の絆は深かった!台湾の生活の中に溶け込んでいる日本とは
台湾のドラマを見ていると、日本に関する設定が全く入っていないドラマの方が少ないのではないか、と思うほど日本ネタが頻出します。例えば、主人公が日本からの帰国子女、登場人物が日本語を話せる設定で突然日本語のセリフが飛び出す・・・など、挙げ出したら切りがなくなってしまうほど。台湾の親日さが窺い知れますね。

次は街で見かける、台湾の中の日本です。

街の至るところに日本建築がある

【台湾】日本と台湾の絆は深かった!台湾の生活の中に溶け込んでいる日本とは
台湾には、1895年から約50年間日本に統治されていた歴史があるため、今でもあちこちに当時の日本建築が残されています。太平洋戦争終結後に台湾を統治した中国の反日運動などにより、取り壊されてしまったものも少なくありませんが、近年こういった歴史的建築物の保存運動が高まっていて、昔の日本建築を利用したカフェなどが若者の集まる人気スポットにもなっています。

日式○○とは?

【台湾】日本と台湾の絆は深かった!台湾の生活の中に溶け込んでいる日本とは
(C)MAHATHIR MOHD YASIN / Shutterstock.com

日本ブームの台湾だけあり、店名に「日式(日本風)」という名前がついているお店がとにかく多い!例えば、「日式弁当」「日式居酒屋」など。来日経験のない台湾の方の中には、こうしたお店は日本から進出してきたものだと思っている人も。それほど台湾の生活に日本企業が浸透している表れでもあるのかも知れません。

このように、台湾では色々な面で日本を感じることができ、台湾の人が日本に対して心理的な距離の近さを感じてくれていることにも頷けます。次回の台湾旅行の際は、台湾の中の日本を探してみてはいかがでしょうか。

[All Photos by shutterstock.com]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会