体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

米軍機を模した「Eachine Mirage E500」は垂直離着陸可能な飛行機型ドローン

トイドローンから本格的なレーシング FPV ドローンまで多彩なドローンを手がけている Eachine(エアシン)から飛行機の形状をしたある意味斬新なデザインの FPV ドローン「Eachine Mirage E500」が発売されました。Mirage E500 は「バーチカルテイクオフ」機能により垂直方向に離着陸する飛行機型ドローンで、Parrot Disco のようなフライトを楽しむことができます。Mirage E500 はレース指向の製品です。米空軍が誇る世界最強のステルス爆撃機 B-2 のように機体が翼という全翼機のデザインを採用した Mirage E500 は、機体の前方に 2 つのプロペラを搭載しており、機体を垂直に立てると 2 プロペラでも姿勢を制御してクアッドコプターのように離陸します。離陸すると Mirage E500 は自動で姿勢を制御しそのままホバリングしたり移動しますが、ユーザー操作により水平飛行へと移行させると飛行機フライトが可能です。水平飛行の状態では失速しないよう機体が自ら自動でプロペラやフラップ等を制御し、自動旋回またはユーザーによるマニュアル操縦が可能です。水平飛行時には旋回やターン、上昇・下降といった飛行機の基本的な操縦が可能な他、ロールやフリップといったアクロバット飛行も可能です。ただ、レビュー動画を見た限りだと、離陸は高い確率で成功しているものの、着陸時には一定の速度が出ている水平飛行の状態から垂直に向きを変えて下降するという高度な姿勢制御が必要になりミスも多いようです。Mirage E500 は中国の通販サイト Banggood において FPV 版と RTF(Ready to Fly)版の 2 タイプがあり、価格は日本円で 18,188 ~ 22,167 円となっています。Source : Banggood

■関連記事
「HTC画面キャプチャツール」がGoogle Playストアに公開
スマホ操作対応の4Kスポーツアクションカメラ「AUKEY AC-LC2」のレビュー、バッテリー2個、リモコン、豊富なマウントもセットに
Moto Z 2016モデルに12月分のセキュリティパッチが配信開始

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。