体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分の育児で役立ったもの、欲しかったものをプレゼントに♪ 私の<出産祝い>4選 by モチコ

友達や親戚に赤ちゃんが生まれ、とっても嬉しい反面、未だに悩むのが出産祝い。

まず本人にリクエストを聞いてそれを贈るようにはするのですが、「何でもいいよ〜」だったり、数人で渡すのに少ない値段のものをリクエストされたりすると、自分で選ぶことに…!

そういうときは、自分が育児で役立ったものや「これ欲しい!」と思ったものをあげています。

ということで、私の出産祝いリストを公開してみようと思いますー! 前回エピソード:使いやすさ抜群♪ 私の選ぶ、マザーズバッグ「パーフェクトリュック&トートバッグ」はこちら! by モチコ

①おくるみ

第一子の娘が赤ちゃんのときに大活躍したのがこちら!

正方形の薄いもので、これにくるんだら娘はよく寝てくれました…! 新生児の頃はなかなか寝なかったので、神アイテムでした!

f:id:akasuguedi:20180112175633p:plain

残念ながら第二子の息子はおくるみを嫌がったのでくるむことはなかったのですが、冷房よけとして上にかけたり、外食先で座布団の上にシーツのように敷いたりと、おくるみとしては使わなくても活躍しました!

今は娘が息子に触ってほしくないおもちゃを隠すのに使っています。笑

②子育てのヒントになる大人向けの本

子どもが生まれると、想定外の悩みがいろいろ…。そんなとき私が参考になった本が2冊あり、それをお祝いのひとつとしてプレゼントしています。

まずは、赤ちゃんの安眠のための本です。

寝ることを何より大事にしてきた私。夜眠れないのが辛いのは、赤ちゃんも同じでは…と思い、赤ちゃんも夜はしっかり寝られるように、安眠のための本を買いました。

これがまた勉強になったのです! 眠りについてだけではなく、生活リズムや日々の過ごし方、遊びについても書かれています。本の通りにいかなくても、何かヒントがあれば…の気持ちで読んだのも良かったのでしょうが、生活リズムの作り方に迷ったら、とりあえず参考にこの本を読んでいました。

f:id:akasuguedi:20180112175846p:plain

本の通りに完璧に育児を!というタイプの方には合わないプレゼントかもしれませんが、甥っ子姪っ子など身近に赤ちゃんがいなくて、赤ちゃんとの生活がよくわからない…という方にはいいのかな?と思っています。

次に活躍したのが、写真整理の本

子どもがいると写真がたまるたまる。データにももちろん残しているのですが、選りすぐりを紙でも残したいなぁと思い、アルバム作りをしています。そのとき参考になった、簡単にできるアルバム作り(写真整理)の本をプレゼントするようにしています。

アルバムは、写真を挟むだけという簡単な方法で作れるのに、育児やイベントの簡易メモもでき、年に1冊アルバムが完成するので見返すときにもわかりやすい…というもの。

子どもが産まれてからこの方法を知って始めたアルバム作りですが、子どもが3歳8ヶ月になった今も続いています。結婚したときから知っていれば!と悔やまれます…(そういう意味では結婚祝いにもありなんじゃ…!) 。

本には写真整理がなぜ良いのか…ということも書いてあるので、アルバム作りのモチベーションキープにも役立つ本です。笑

写真を紙焼きしてアルバムにすると、自分だけでなく娘も喜んで眺めているので「子どもも喜ぶよー!」と伝えています。

f:id:akasuguedi:20180112180125p:plain
1 2次のページ
赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。