体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

何かを得るためには、何かを手放さなければならない。

何かを得るためには、何かを手放さなければならない。

寝ようと思ってベッドに入ってからも、ついついスマホの画面をぼわんと眺めてしまう。結局、寝不足…こんな経験誰にだってあると思うんです。これをスマホ依存症と呼ぶかどうかはさておき、「手放せない」という事実が、まあどうにもならないワケでして。

ならばと、スマホを強制的に手放すよう設計されたのが、このベッドサイドランプです。デザイン性云々よりも、アイデアの勝利です。

スマホを預けないと
点かない照明

何かを得るためには、何かを手放さなければならない。何かを得るためには、何かを手放さなければならない。

動画を見ればもう説明は不要でしょう。就寝前のスマホ使用を抑制してくれる唯一無二の機能がGOOD!スイッチはどこにも付いていません。なぜって、点灯に必要なのは「スマホを手放す」という行為だから。台座の引き出しにしまってはじめて明かりが得られるという仕組み。

ネーミングがまたいいんです。ズバリそのまま「OFFLINE LAMP」。

オフラインで
静かな夜を

何かを得るためには、何かを手放さなければならない。

何かを得るためには、何かを手放さなければならない

コンセプトも最高でしょ。

煌々とともる画面よりも、寝る前のひとときくらい、のんびり読書だって悪くない。OFFLINE LAMPで検索してみてください。何かを得るためには、何かを手放さなければならない。何かを得るためには、何かを手放さなければならない。

OFFLINE LAMP by Klemens Schillinger from Klemens Schillinger on Vimeo.Licensed material used with permission by Klemens Schillinger

関連記事リンク(外部サイト)

【ビーカーやフラスコが大人気】理系インテリアの発信源は、「清澄白河」だった
受験のお守りにピッタリ(?)な照明です。
あなたが知らない、本当の「北欧ライフスタイル」6選

TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会