体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

青森の秘湯「青荷温泉」へ行ってきた。東京からなんと片道7時間! 

青森の秘湯「青荷温泉」へ行ってきた。東京からなんと片道7時間! 

こんにちは! 高円寺の銭湯・小杉湯の番頭でイラストレーターのenyahonamiと申します。週5日は小杉湯、週2日は銭湯、スーパー銭湯、サウナ、温泉を巡る、無類のお湯好きです。今回は真冬の青森でイラストを描きつつ、秘湯を巡ります!

今回のお目当ては“ランプの宿”として知られる青荷(あおに)温泉! そしてユニークな入浴方法“トド寝”ができる古遠部(ふるとうべ)温泉。どちらも“秘湯”で知られ、アクセスが大変だとか……? おまけに電波も届かないとか……? 事前情報の時点でもうハラハラドキドキしつつも、JR東京駅へ!

乗り換え4回!片道7時間の旅が始まる

午前9時の東京駅。エメラルドグリーンの車体が目を引く、東北新幹線「はやぶさ」に乗って新青森へ向かいます。東京駅からJR新青森駅までは約3時間。長い旅が始まります!
東北新幹線はやぶさ イラスト

ピカピカの滑らかなボディが美しい、はやぶさの車体

はやぶさ 座席

パソコン作業をしたり風景をぼんやり眺めたり、道中のイラストも車内で描いていたら、いつの間にか新青森駅に到着。秘湯というけど、なんだかんだすぐ着いちゃうんじゃない? と思っていました……。

つがる4号 イラスト

新青森駅で特急「つがる4号」秋田行きに乗り換えます。ここからJR弘前駅へ!

奥羽本線 車窓からの風景

弘前に近づくにつれ、車窓から見える風景がだんだんと雪深くなっていきます。「雪国に来たんだなあ……」と、あらためて実感。
新青森からは30分で弘前駅に到着! 駅の近くの市場で軽食をとったあと、弘南鉄道で黒石駅へ向かいます。
弘前駅 イラスト

はんぺんのからあげは、外はサクサク中はしっとりの不思議な食感でした!

弘南鉄道 弘南線 イラスト

約30分で黒石駅に到着。電車はここで最後、この先はバスでの移動です。
弘南バス イラスト

1 2 3 4次のページ
びゅうたびの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会