体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

能と琵琶で観る「安達原」 遊び座能楽公演

イベント名
能と琵琶で観る「安達原」 抗えない宿命の闇‥苦悩しながらも、神の救いを求めて止まない。 人間の本質を描いた鬼の物語を、広島出身の演者による、薩摩琵琶と能で体感して頂きます。概要
平成30年2月11日(日)14:00開演
会場:アステールプラザ中ホール能楽堂
解説 樹下好美
〈安達原〉ー辺境の闇に棲むモノー
薩摩琵琶 「安達原」 辻山 錦篁
能 「安達原」 白頭 鬼女 山下あさの

みちのくの安達が原の鬼女。
その心の闇が暴かれるとき‥
能 安達原の物語
奥州安達原に至った山伏一行が近くの庵に宿を借りる。
庵に住む女は月光のもと、

賤女の営みである麻糸車を繰りつつ、
過去を回想する。
人間界に生まれながら、

仏道を願いもせず迷いのままに生きてきた己を悔やみ、
人生の空しさを嘆くのだ。

女は薪を取りに出るが、
留守中寝室を覗かぬよう念を押してゆく。

従者が隙をみて内を覗くと、
人間の屍骸が山積みにされていた。

女の正体は安達原に棲む鬼であった。

裏切られたと知った女が本性の鬼となって追ってくる。

しかし山伏の験力によって調伏され、
夜嵐に消えてゆくのであった。

主催:◆遊び座・伝統芸能を楽しむ会 http://asobiza.maiougi.com/

後援:広島市、
広島市教育委員会、
中国新聞社
◆前売券 一般3500円/中高生1000円(全席指定)
◆チケットのお申し込み・お問い合わせ メール:asobiza@asobiza.com FAX: 06-6945-5755 電話:090-4691-0856(山下)
※お申し込み頂きましたら、
チケットと振込み口座番号をお送りします。
 
◆「ぴあ」Pコード  482731
期間
開始日:平成30年2月11日(日)14:00開演
終了日:平成30年2月11日(日)17:00終演URL
http://asobiza.maiougi.com/お問い合わせ先 担当者
山下あさのお問い合わせ先 電話番号
09046910856お問い合わせ先 メールアドレス
asobiza@asobiza.com

みんなのPRの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会