体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

2017年度の卒業生一挙ご紹介!【前編】−猫の館ME

千葉県浦安市にある里親募集型保護猫カフェ「猫の館ME」代表小倉です。昨年にゃんこマガジンのライターに参加させていただきながら、途中で本当にいろいろあって、なかなか原稿が進まずに年が変わってしまいました。2018年は心新たにコラムにも向き合ってゆきたいと思います。

さて、そんなわけで新年最初の投稿は、2017年に卒業した猫たちのことを。前編後編に分けてご紹介いたします。

ジョー(元イチロー)

2017年の卒業第1号・ジョーくんは、かなりのオトナになってからの当施設への入居でした。現在のジョーくんのご家族は、そんなジョーくんに「ピピピ」ときたそう。何度か通って彼に決められました。

たまこ

色白美人の白三毛さん。サクラ耳の元お外の猫さんです。2歳になる前に卒業してゆきました。

ゆきみ(元リコ)

入居後に一人っ子気質で、ケンカっ早い性格とわかる場合もあります。白黒のキュートな「ゆきみ」ちゃんも、そうでした。フリーにしておくと他の猫とケンカしてしまうので、人の目がない時はどうしてもケージで過ごしてもらうことになりがちです。

むち子(元あけみ)

長毛サビの「むち子」ちゃんもそう。ゆきみちゃん・むち子ちゃんは、お外で暮らしていた猫さんではなく、元いたお家から様々な理由で保護された猫さんです。ボランティアさん宅でのケアを経て当施設に入居しました。成猫であればあるほど、知らない猫がたくさんいる館での生活に戸惑うことと思います。

くらら(元あっちゃん)

仔猫時代に保護されても、ある程度お外の生活を経験したり、持ち前の人見知りの性格から人馴れに時間がかかる猫さんもいます。「くらら」ちゃんは1年かけてほんの少し触れるようになったところに卒業のお声がかかりました。幸福への切符をつかむことができたのは、最初はペン先で、それから指先で、当店先鋭の人スタッフが、マジックのような技術で馴らしてくれたおかげです。

源(ごん)ちゃん

「源」ちゃんも一緒に卒業した「みかん」ちゃんも、やはり触られるのはちょっと苦手。でもパパママのハートをゲットして巣立ってゆきました。必ず何か相性や直感、運命がそれぞれにあるものです。

みかんちゃん

成猫は性格ができあがっているので、里親希望の方がどんな猫との暮らしを思い描いているかによって、私たちもどの猫さんが合っているか、アドバイスをします。

きりん(元キイチ)・あさひ(元ジョージ)

びびりん坊だけれど、慣れるととーっても甘えん坊さんなキジ白兄弟「きりん」くんと「あさひ」くんは、二人一緒のお家がよいと考えました。仲良しの2頭でお互い支え合うことができ、馴染みや慣れも進みやすいからです。そして2頭のお迎えを希望した運命のパパママのもとへ引越しました。

1 2次のページ
にゃんこマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy